投稿者:TokyoBlueThunders の記事一覧

Road to Wining  ~関東甲信越大会報告~

8月19日 日曜日 群馬県伊勢崎市において実施されました 『ゼット杯争奪・第24回関東甲信越身体障害者野球大会』 我が東京ブルーサンダースは優勝奪還を果たすべく挑みましたが、今大会の主催チームであり、長きに渡り、共に優勝を争ってきたライバル・群馬アトムとの準決勝戦に敗れ、大会の優勝・全日本選手権への出場は叶いませんでした。

 

8月の伊勢崎市あずまスタジアムに集まった関東甲信越各チーム。酷暑の夏もこの日だけは爽やかな秋晴れ!

8月の伊勢崎市あずまスタジアムに集まった関東甲信越各チーム。酷暑の夏もこの日だけは爽やかな秋晴れ!

 

悲願の全国制覇に向けては、まだまだ長く険しいプロセスを経て、チームとして一致団結して勝利を積み重ねていかなくてはなりません。大会から1ヶ月。8・9月の練習及び活動において、今大会及び今季の公式戦、及び練習活動全般における、チームとしての課題及び目指す方向性を共有したうえで、今後出場予定の大会及び来年度の公式戦に向けてのスタート、そして各種活動への取り組みをすでに進めております。

 

以下、この関東甲信越大会における、チーム新戦力の活躍ぶりを中心に、ご紹介いたします。彼らの活躍が、チームに刺激を与え、活性化につながります。

 

≪背番号1 関 俊介≫

 

高卒1年目ルーキーの華麗なフォーム。悠然と振り構えて一撃。

高卒1年目ルーキーの華麗なフォーム。悠然と振り構えて一撃。

 

後方センターが関。財原主将と組むセンターライン。ピッチャーデビューもあるか!!

後方センターが関。財原主将と組むセンターライン。ピッチャーデビューもあるか!!

 

≪背番号3 荒井 幸治≫

 

今シーズン加入もすでに不動の3番キャッチャー。どんな状況からでもチームを盛り上げ、乗せていく。

今シーズン加入もすでに不動の3番キャッチャー。どんな状況からでもチームを盛り上げ、乗せていく。

 

≪背番号9 宮崎 昭二≫

 

レフトからチームを引き締め、打って走ってチームを引っ張る。

レフトからチームを引き締め、打って走ってチームを引っ張る。

 

クールに察知・ハートは熱く。

クールに察知・ハートは熱く。

 

≪背番号16 市川 歩≫

 

1回戦の信濃レッドスターズ戦は1点を失うも完封寸前のピッチング。ルーキーではないが、新たにローテーション入りか!

1回戦の信濃レッドスターズ戦は1点を失うも完封寸前のピッチング。ルーキーではないが、新たにローテーション入りか!

 

来シーズンの投・守・攻のスケールアップへ、歩(あゆみ)を進める。

来シーズンの投・守・攻のスケールアップへ、歩(あゆみ)を進める。

 

≪新戦力に刺激を受け、奮闘する主軸たち≫

 

信濃戦でライトへ先制3ラン!! 大きいのが撃てる1番大沼

信濃戦でライトへ先制3ラン!! 大きいのが撃てる1番大沼

 

大会通算4打数3安打1四球。振ればヒットの宮本。パワー誰からもらった?

大会通算4打数3安打1四球。振ればヒットの宮本。パワー誰からもらった?

 

さあついて来い!  長田監督の激走

さあついて来い! 長田監督の激走

 

踏み出せ力強く。大黒柱田中

踏み出せ力強く。大黒柱田中

 

ゲームを・チームを引き締めた大森のピッチング。この群馬戦打っても2安打、やっぱりまだまだ頼れる存在

ゲームを・チームを引き締めた大森のピッチング。この群馬戦打っても2安打、やっぱりまだまだ頼れる存在

 

今大会の主催団体である群馬アトムが、決勝戦で千葉市川ドリームスターを破り、全日本選手権に出場いたします。関東甲信越地区の代表としての上位進出を願っております。その群馬アトム以下関東甲信越大会運営関係者の皆さんに、深く感謝申し上げます。

 

 

試合結果戦績  2018年8月19日

1回戦  ○  6-1  信濃レッドスターズ

準決勝  ●  5-12 群馬アトム

終えた戦いの時は、来たる戦いの始まる時。

終えた戦いの時は、来たる戦いの始まる時。

ブルサンFacebookからのご声援もお願いいたします。

 

関東大会へ弾みを! (ドリームカップ報告)

ドリームカップは、7月29日に開催されました。

 

ぎふ清流クラブ・井藤主将とのフレンドシップ!! ここに登場するブルサンメンバーそれぞれにとってドラマがあった試合後の1枚。

ぎふ清流クラブ・井藤主将とのフレンドシップ!! この写真に登場するブルサンメンバーそれぞれにとってドラマがあった試合後の1枚。

 

大型の台風通過の影響もあり、『第15回 DREAM CUP 身体障害者野球大会』 は、日程こそ1日に短縮されましたが、主催運営スタッフの皆さんのご尽力、そして出場選手と運営スタッフ間の“ねぎらい・励まし・激励”の効果もあり、静岡県裾野球場等で滞りなく開催されました。

主催の中部東海地区身体障害者野球連盟、静岡ドリームス以下たくさんの運営スタッフの方々のご尽力、そして多くのご協賛団体の皆さんからの、大会に出場している身体障害者野球チームへのご支援、大会の運営に携わる皆さんに対して敬意を表し、深く感謝申し上げます。

 

結果は、名古屋ビクトリーの優勝、そして、2年ぶりに決勝戦に戻った我が東京ブルーサンダースが準優勝となりました。以下、写真を中心に戦績をご報告いたします。そして、引き続いて来たる8月19日・日曜日には、『第24回・関東甲信越身体障害者野球大会』が、群馬県伊勢崎市にて開催されます。その概要についてもご案内いたします。

 

≪1回戦 東京ブルーサンダース8-3ぎふ清流野球クラブ≫

 

直立のエースを囲む内野陣のスマイル・・・実は直前に、宮本アニキからの“喝”が入っていた。

直立のエースを囲む内野陣のスマイル・・・実は直前に、宮本アニキからの“喝”が入っていた。

 

大黒柱の田中を先発に立て、初対戦のぎふ清流野球クラブ戦に必勝を期すが、立ち上がりの制球の乱れに乗じて、急速にチーム力を高めるぎふに先制を許す。攻勢をかけるぎふに対して予期せぬ守備の乱れも生じたが、ブルサン公式戦初出場の荒井や宮崎が全力で相手の流れを止め、宮本大森の左右に打ち分ける連続タイムリーで逆転。田中が投げ切って初戦を突破する。

 

初出場 初バッテリー 荒井の奮闘

初出場 初バッテリー 荒井の奮闘

こちらも初出場! 攻守走にハツラツの宮崎

こちらも初出場! 攻守走にハツラツの宮崎

 

≪準決勝 東京ブルーサンダース6-1静岡ドリームス≫

 

市川から放たれる、伸びるボールとチームのリズム

市川から放たれる、伸びるボールとチームのリズム

 

3度目の出場、ドリームカップを通して成長進化を続ける市川が、チームにリズムをもたらすピッチングを見せる。投げることだけではなく、ゴロ処理などのフィールディングも流れよく進める様子にも成長が感じられる。攻撃時のベンチ内も集中した様子が見え、得点につながるアピール、そして大沼が“ドォーン”と長打1発でダメ押し。よい流れに乗って裾野球場での決勝戦に乗り込む。

 

市川は荒井とのバッテリーで開眼するか!? ブルサンに勢いと流れを呼び込んだ。

市川は荒井とのバッテリーで開眼するか!? ブルサンに勢いと流れを呼び込んだ。

欲しいところで『ドォーン』と大沼の1発。失投は逃さない。

欲しいところで『ドォーン』と大沼の1発。失投は逃さない。

新ユニフォームで金色のフィニッシュ(宮本)

新ユニフォームで金色のフィニッシュ(宮本)

 

≪決勝戦 東京ブルーサンダース0-5名古屋ビクトリー≫

 

大森の推進力に乗って奪還を

大森の推進力に乗って奪還を

 

先発の田中が意地の投球を見せ、流れを作るも及ばず。前回大会で出場できなかった決勝戦。ブランクを埋めるには決勝戦を経験し続けなければならない。来たる関東甲信越大会でも、まずは決勝進出。そして優勝奪還を目指します。

 

試合後 大森からのチームへの課題提言

「試合は完敗ではなかったはず。点を取るチャンスはあった。チャンスでどう1点を取るのか?というイメージを持ち、ピンチでどう1点を防ぐのか?というイメージを持つ。その積み重ねが必要。」

 

今季からチームの主役。決勝戦では脇役となりチームをサポートしてくれた宮崎優人くん

今季からチームの主役。決勝戦では脇役となりチームをサポートしてくれた宮崎優人くん

ブルーサンダースには田中がいる。田中のバックにはチームメイトがついている。

ブルーサンダースには田中がいる。田中のバックにはチームメイトがついている。

 

以下 8月19日日曜日開催 関東甲信越大会のご案内です。

 

ゼット杯争奪第24回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第20回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦

 

大会日程…8月19日(日) 予備日25日(土)

大会会場…群馬県伊勢崎市 あずまスタジアム

     入場は無料です。自由に入退場出来ます。

 

チーム予定

8:30   開会式

9:10   トーナメントAブロック1回戦 対信濃レッドスターズ

10:50   トーナメントAブロック準決勝 対群馬アトム

14:20   決勝戦 対トーナメントBブロック勝者

     (Bブロック出場チーム 東京ジャイアンツ 埼玉ウィーズ 千葉市川ドリームスター)

16:00   閉会式

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

 3位戦は実施しません。

 

会場へのアクセス

JR高崎線・上越新幹線高崎駅乗換 両毛線小山方面利用伊勢崎駅下車 タクシー利用15分程度

高崎駅から伊勢崎駅までは 所要30分程度 本数は1時間に2本程度

 

車の場合、北関東自動車道利用 伊勢崎IC または 太田藪塚IC 下車

(所在地: 群馬県伊勢崎市田部井町3-1908 TEL0270-62-9966)

 

スタジアム紹介HPへ

 

所在地地図

 

全力・常笑で関東甲信越優勝奪還を目指します。 

全力・常笑で関東甲信越優勝奪還を目指します。

 

ブルサンFacebookからのご声援もお願いいたします。

2018 ドリームカップについて

2018 ドリームカップについて

 

天を切り裂くスイングからの一撃(2017大会より 宮本)

天を切り裂くスイングからの一撃(2017大会より 宮本)

 

静岡県裾野市で開催されます 『DREAM CUP  身体障害者野球大会』 今年度は7月28日29日(土日)に開催予定でしたが、台風接近による荒天に伴い、28日の実施は中止。台風通過予報後の29日の試合開催を検討しています。試合実施の場合は出場の様子をご報告いたします。

 

なお、今シーズンより、ブルーサンダースはチームデザイン・ユニフォームを一新し、心機一転のシーズンを送っています。新メンバーも加わり、チームに新たな活気も出てきました。 そのあたりも随時ご報告いたしますので、引き続き我が東京ブルーサンダースにご支援ご声援を頂ければ幸いです。(下記リンク、チームFacebookもご参照下さい)

 

よろしく お願いいたします。

 

 

ブルサンFacebookでも近況ご紹介しております。

初の千葉県開催です~関東甲信越大会のご案内~

全日本選手権の出場権を懸けた『ゼット杯争奪第23回関東甲信越身体障害者野球大会』 23回目となる今大会は、9月2日土曜日(予備日は3日日曜日) 大会史上初めて、千葉県内で開催されることになりました。

 

この熱戦が今年は千葉県市川市で

この熱戦が今年は千葉県市川市で(前年度大会より)

 

 

今回の大会は、千葉県市川市・塩浜1号公園野球場にて開催されます。2012年シーズンのチーム結成から5年、我が東京ブルーサンダースと相互合同練習等を積み重ねながら親睦交流を深め、チーム力も高め合ってきた『千葉市川ドリームスター』 皆さんが当初から目標にされてきたことは、全国大会での勝利と併せて、この「関東甲信越大会の主催開催」でした。わずか5年余りで、この大きな目標の実現に向けて取り組みを高めてこられたドリームスターの皆さんに、心より敬意と感謝の意を申し上げます。千葉県にも関東甲信越地区による身体障害者野球の取り組みが広がるという視点からも、非常に意義深い大会となるでしょう。

 

ブルーサンダース一同もこの大会の成功に向けて、微力ではありますが尽力できればという思いでおります。そして、今シーズン、ここまでは目標に及ばない結果が続いておりますが、7月のドリームカップでの敗戦を受けてチームの意識を再びひとつにし、8月には厳しいながらも密度の濃い練習を積み重ねて再び士気を高めてまいりました。

 

1戦必勝の姿勢で、3年ぶりの優勝を目指しますが、チームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを持ち、日ごろの取り組みの成果を発揮すべく精一杯プレーします。近隣県での開催ということで、会場へご来場ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

ゼット杯争奪第23回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第19回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦

大会日程…9月2日(土) 予備日3日(日)

大会会場…千葉県 市川市塩浜1号公園野球場

        入場は無料です。自由に入退場出来ます。

チーム予定

8:30   開会式(A球場)

9:10   トーナメントBブロック1回戦 対埼玉ウィーズ(B球場)

12:30   トーナメントBブロック準決勝 対横浜ベイマックスと千葉市川ドリームスターの勝者(B球場)

14:10   決勝戦 対トーナメントAブロック勝者

     (Aブロック出場チーム 群馬アトム 信濃レッドスターズ・長野佐久より改称 東京ジャイアンツ)

16:00   閉会式(A球場)

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

 3位戦は実施しません。

 

会場へのアクセス

JR京葉線新浦安駅乗換 京成バス南行徳駅・江戸川スポーツランド行き乗車「ハイタウン塩浜」下車 運賃170円 所要15分程度

 

東京メトロ東西線南行徳駅乗換 京成バスハイタウン塩浜・新浦安駅行き乗車「ハイタウン塩浜」下車 運賃170円 所要20分程度

 

各駅バス時刻表 土曜(予備日日曜)時刻参照   新浦安駅(始発)   南行徳駅

 

塩浜市民体育館の正面裏手側が野球場グランドとなります。

 

車の場合、東京湾岸道路 塩浜交差点付近

(所在地:千葉県市川市塩浜4-9-1 TEL047-398-2311 塩浜市民体育館)

駐車スペースに限りがありますので、お車でお越しの際はご注意ください。

所在地地図

 

千葉市川ドリームスターさん公式HP及びfacebookでも大会に関する情報が掲載されています。

 

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、9月下旬〜10月上旬にお知らせする予定です。

 

この一球に賭ける

この一球に賭ける

 

 

東京ブルーサンダースfacebookも併せてご参照ください。

魂を胸に ~大会出場報告~

全日本身体障害者野球選手権大会の出場権をかけた、関東甲信越大会が9月に控えています。2017シーズンのここまで、我が東京ブルーサンダースは財原主将、田中副主将を中心に全力で戦っていますが、まだ公式戦での勝利が得られていません。今シーズンのここまでの出場大会についてご報告のかたちで振り返りつつ、ブルーサンダースはこれまでに積み重ねてきたチームスピリットを強く再認識し、来たる大会に向けて暑い8月に熱く練習に取り組み、必勝を目指します。

 

第25回 全国身体障害者野球大会 5月20日21日 神戸市総合運動公園野球場(ほっともっとフィールド)他

 

財原主将(手前)田中副主将の連携が、文字通りの素晴らし-キャプテンシーとなり、今季のチームを牽引する。

財原主将(手前)田中副主将の連携が、文字通りの素晴らし-キャプテンシーとなり、今季のチームを牽引する。

 

行進中も、意識は直後の開幕戦か?

行進中も、意識は直後の開幕戦か?

 

≪1回戦 東京ブルーサンダース1-8広島アローズ≫

 

「ブルペンまでダッシュだ! すぐランニングいくぞ!!」

開会式直後に試合ということで、財原主将は本部に召集中で不在。各々の荷物をベンチへ運んでいる早々に、すでに号令をかけていたのは、副主将の田中。チームの中心としてマウンドに立つだけではなく、財原主将をサポートし、全体に対してのメッセージを積極的に発し、頼もしい副主将の姿を見せてくれます。準備体操は順番が分からずにしくじってましたが・・・ほっともっとフィールドの開幕戦ではショートの守備位置から内外野に届く大きな声で、ポジショニングや状況確認、そして打球に飛び込むなど、まさにチームを引っ張りました。

 

ブルサンは今シーズンから副主将が3名。新たに副主将に就任した河井が先発して2回を封じたあとの3回表、副主将のひとり大沼がライト線を強烈に襲うスリーベースでチャンスを作ると、田中が着実に還して1点を先制。3人の副主将が躍動し、財原主将もキャプテンシーを発揮しました。1試合を通しての体力集中力が及ばず、広島アローズに逆転を許したのちに敗れ、その後の交流戦も大阪ジャガーズに敗れましたが、今季のチームの戦う形を示した大会出場となりました。

 

先制点につながる豪打の大沼。頼れる副主将のドンとした存在感!

先制点につながる豪打の大沼。頼れる副主将のドンとした存在感!

 

キャプテン、そして振り抜く勝負強さでもチームを引っ張る財原

キャプテン、そして振り抜く勝負強さでもチームを引っ張る財原

 

大声発する タイセイハッスル!! (笠松大聖)

大声発する タイセイハッスル!! (笠松大聖)

 

副主将田中、最後は立つべき場所、神戸のマウンドへ感謝を込めて。

副主将田中、最後は立つべき場所、神戸のマウンドへ感謝を込めて。

 

第14回 DREAM CUP 身体障害者野球大会 7月29日30日 裾野市運動公園野球場他

 

怪我等で戦列を離れていた選手が復帰し、必勝を期して臨んだ大会でしたが、初戦の準々決勝は先制点を許したことで試合の主導権を握ることが出来ず、このことが響いて猛反撃を仕掛けながらも及ばずに敗れてしまいます。翌日は交流戦への出場となり、先発市川が力投するも攻守に乱れが生じて龍野に敗戦。直後のミーティングで、関東甲信越大会につながる市川の好投に応えられなかった状況を出場選手全員で共有したうえで、来たる大会での一戦必勝を誓いました。

 

≪準々決勝 東京ブルーサンダース6-7福島新潟連合≫

 

1番石垣が帰ってきた!天性のスピード感とセンスを取り戻す。

1番石垣が帰ってきた!天性のスピード感とセンスを取り戻す。

 

今大会では4番・捕手として宮本も復帰。体現するブルサンのメンタリティーを忘れてはいけない。

今大会では4番・捕手として宮本も復帰。体現するブルサンのメンタリティーを忘れてはいけない。

 

チーム最年少・市川の力投。奮い立て!

交流戦、チーム最年少・市川の力投。奮い立て!

 

ドリームカップでも快打を連発した大沼が優秀選手賞受賞。

ドリームカップでも快打を連発した大沼が優秀選手賞受賞。

 

各大会の運営にご尽力頂いている、主催団体以下運営スタッフの皆さん、そして、多くのご協賛団体の皆さんが、大会に出場している身体障害者野球チームを支援して下さっています。大会の運営に携わる皆さんに対して敬意を表し、深く感謝申し上げます。

 

日頃からのチームへのご支援ご声援に感謝いたします。今シーズン引き続いてのご声援、よろしくお願いいたします。

日頃からのチームへのご支援ご声援に感謝いたします。今シーズン引き続いてのご声援、よろしくお願いいたします。

 

ブルサンFacebookのほうもぜひご覧ください。

お知らせ

News