投稿者:TokyoBlueThunders の記事一覧

第12回 DREAM CUP 出場報告

プラカード担当の裾野高校の生徒さんに導かれて、我ら裾野のディフェンディングチャンピオン

プラカード担当の裾野高校の生徒さんに導かれて、我ら裾野のディフェンディングチャンピオン

 

梅雨前線が停滞してしまう天候の影響もあり、静岡県裾野市で開催されました『第12回 DREAM CUP』は、大会初日の7月4日のみ開催され、翌2日目は雨天のため中止となりました。大会期間を通じて悪天候の状況であったにも関わらず、主催の中部東海地区身体障害者野球連盟、静岡ドリームス以下たくさんの運営スタッフの方々のご尽力に対しまして、1日間ではありましたが大会が開催され、試合出場の機会を頂けたことに対しまして、深く感謝いたします。

 

我が東京ブルーサンダースは、アフリカオールスターズとの交流戦に臨みました。アフリカ人選手のパワフルなバッティングから4点の先制を許し、日本人投手のアンダースローからのピッチングにも手こずりましたが、今大会からデビューを果たした、底知れぬ可能性を秘めた17歳のスーパールーキー・笠松大聖選手のピッチングがチームのリズムを呼び起こし、好守から打線もつながって7-4で逆転勝利することができました。9月に控える関東甲信越大会を見据えても、チームに明るい材料が見えたゲームになりました。

 

以下、写真を中心に、大会の模様をご紹介します。

 

まさに富士の洗礼!裾野球場を覆い隠す濃霧

まさに富士の洗礼!裾野球場を覆い隠す濃霧

球場周辺に出店するテントからのグルメも頂きながら、開会式を悠々と待つ様子のブルサン

球場周辺に出店するテントからのグルメも頂きながら、開会式を悠々と待つ様子のブルサン

霧も晴れて開会式スタート。裾野高校の皆さんによる勇壮な行進曲と“ゲラゲラポー”の演奏

霧も晴れて開会式スタート。裾野高校の皆さんによる勇壮な行進曲と“ゲラゲラポー”の演奏

ドリームカップに見合う、夢を抱けるチームでありたい

ドリームカップに見合う、夢を抱けるチームでありたい

出場全選手を代表して、財原新キャプテン、誇らしく返還!大役の仕事キッチリ!!

出場全選手を代表して、財原新キャプテン、誇らしく返還!大役の仕事キッチリ!!

Happy Dream Pitcher Hassy!

Happy Dream Pitcher Hassy!

真剣勝負の中にも交流あり。強打で出塁の選手が背後に。スマイルだファースト

真剣勝負の中にも交流あり。強打で出塁の選手が背後に。スマイルだファースト

島田の一撃。低く鋭いライナーを

島田の一撃。低く鋭いライナーを

石垣の大きなフォロー。実はいつも狙っている?

石垣の大きなフォロー。実はいつも狙っている?

スーパールーキー・笠松デビュー! 新しい背番号4の風格をショートから感じ取る財原もスーパーキャッチで援護する

スーパールーキー・笠松デビュー! 新しい背番号4の風格をショートから感じ取る財原もスーパーキャッチで援護する

どの選手にも、デビューまでの深いプロセスがある。そしてたどり着いた場所で躍動する。

どの選手にも、デビューまでの深いプロセスがある。そしてたどり着いた場所で躍動する。

 

≪勝利を呼ぶナイスリリーフでデビューを飾った笠松≫

この大会までずっと、ひたすら壁当てなどをして準備していましたので、投げたくてしょうがなかったです! マウンドでは楽しく投げられました。(ショート財原など)いい守りにも助けてもらうことも出来てよかったです。

 

各選手が、そしてチームが、ステップアップへの手応えを得ることが出来ました。

各選手が、そしてチームが、ステップアップへの手応えを得ることが出来ました。

DREAM CUP に出場します。

大会3連覇へ To Challenge!

熱い夏の、爽やかな戦い。

熱い夏の、爽やかな戦い。

 

静岡県裾野市で開催されるカップトーナメント『DREAM CUP 身体障害者野球大会』第12回大会となる今年は7月4日・5日に開催されます。我が東京ブルーサンダースは第1回大会から12年連続のフル出場を続けております。

 

中部東海地区連盟が主催する今大会は、関東地区を中心に甲信越地区、そして「東北身体障害者野球チーム復興支援イベント」と銘打たれ、今大会は福島アクロスが出場します。春の全国大会の敗戦を教訓として練習を積み重ねた我がチームは、春のリベンジ、そしてチーム初のドリームカップ3連覇を期しつつ、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯戦います。東京地区からも割と近い会場での大会ということで、ご来場ご声援を頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

以下詳細です。

 

第12回 DREAM CUP 身体障害者野球大会

大会期間…7月4日(土) 5日(日)

大会会場…静岡県 裾野市運動公園野球場(裾野球場) トヨタ東富士野球場

             入場は無料です。自由に入退場出来ます。

チーム予定

1日目 7月4日(土)

11:00 開会式(裾野球場)

13:05 交流戦 対アフリカオールスターズ(裾野球場)

2日目 7月5日(日)

9:25   準決勝 対長野佐久レッドスターズと千葉市川ドリームスターの勝者(トヨタ球場)

13:05 決勝戦 対トーナメントBブロック勝者(裾野球場)

(Bブロック出場チーム 静岡ドリームス 福島アクロス 新潟シリアス 名古屋ビクトリー)

15:00 閉会式(裾野球場)

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止、どちらか1日のみ開催となる場合があります。

  準決勝に敗れた場合は、トヨタ球場で終了後に実施される交流戦に出場となります。

 

会場へのアクセス(裾野市運動公園野球場)

JR御殿場線、岩波駅下車、駅前よりタクシー利用約10分程度。

東海道線国府津駅、小田急線新松田駅から御殿場線に乗り換えになります。新幹線利用の場合は三島駅から東海道線に乗り換えて1駅先の沼津、沼津から御殿場線に乗り換えです。

車の場合、東名高速・裾野インター下車、10分程度。裾野市運動公園には広大な駐車場があります。

(所在地:静岡県裾野市今里1616-1 TEL: 055-997-7277 運動公園事務局)

トヨタ東富士野球場は裾野球場から車で3分程度。行き方については現地大会運営スタッフにお問い合わせください。

 

下記の情報についても、ご参照ください。

静岡ドリームス・DREAM CUPのページ   DREAM CUPのFacebook

裾野球場・トヨタ球場地図(縮尺1/6250図で両球場の位置関係が確認できます。)

裾野球場写真  裾野市運動公園紹介ページ

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、7月中旬にお知らせする予定です。

 

ブルサンfacebookも併せてご覧ください。

第23回全国身体障害者野球大会 出場報告

我が東京ブルーサンダースは、去る5月16日・17日の両日、神戸市総合運動公園各球場において開催されました『第23回・全国身体障害者野球大会』に、初の全国優勝を目指して出場しましたが、前年度優勝の北九州フューチャーズとの1回戦に敗れ、目標を達成することが出来ませんでした。日頃よりご支援ご声援を頂いている皆さんに対してお詫びを申し上げますとともに、この結果を受けとめたチームは、チーム全体として反省の機会を持つなかで課題を確認共有し、次に出場する大会に向けて練習に取り組んでおりますことをご報告いたします。

力投の田中と、攻守先頭に立ってチームを引っ張る長田選手兼任監督

力投の田中と、攻守先頭に立ってチームを引っ張る長田選手兼任監督

 

春の全国大会では初采配となる、長田選手兼任監督が「4番セカンド」でスタメン出場し、初回自らセンターへの快心の当たりのヒットを放って先制攻撃を仕掛けましたが、2死1・2塁からのファーストへの浅い当たりを、フューチャーズのファーストにダイビングキャッチされ、流れをつかみ取られた感がありました。初回裏の攻撃では、フューチャーズが粘りのある攻撃を仕掛け、得点を重ねました。点差がついた状況の中でも、「さあ行こう!」「流れ来るよ!」と新キャプテンの財原は、怯むことなく、短い言葉の中にも明るく、前向きな姿勢を込めてチームを盛り立て、ブルサンの守りのリズムを呼び込みました。新しい体制で挑んだブルサン、最初の大会では悔しい結果となりましたが、ここからのスタートで前に進み昇る。新監督と新主将がもたらしたムードに乗ってこの大会後の練習を積み、7月に控える『ドリームカップ』でリベンジを期します。

 

試合結果戦績   2015年5月16日

 

1回戦 ● 0-10 北九州フューチャーズ

 

大会2日目は交流戦に出場

出陣 春の全国大会に出場します。

全国の強豪が注目! マークをかいくぐり這い上がろうブルサン!!

全国の強豪が注目! マークをかいくぐり這い上がろうブルサン!!

我が東京ブルーサンダースは、5月16日・17日に神戸市において開催される『第23回・全国身体障害者野球大会』に出場いたします。身体障害者野球における、最も大きな規模を誇るこの大会の出場は、1997年度の第5回大会から数えて「19年連続19回目」となります。

 

昨シーズン秋の全日本選手権決勝戦、全国制覇をかけて激しい戦いを演じた経験を糧に、今大会悲願の初優勝を目指します。初戦から全国の強豪チームとの激戦が予想されますが、身体障害者野球に取り組み、活動できるることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯プレーしてまいります。

 

東京からですと遠方になりますが、会場へご来場いただき、ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。この2日間東京周辺でお過ごしの皆さんも、神戸方面へ少し気持ちを向けてお過ごしになり、ご声援いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

第23回 全国身体障害者野球大会

 

大会期間…5月16日(土) 17日(日)

大会会場…兵庫県 神戸総合運動公園 (ほっともっとフィールド神戸及びサブ球場)

        入場は無料です。自由に入退場できます。

 

チーム予定

1日目   5月16日(土)

9:00  開会式(ほっともっとフィールド)

14:10    1回戦 対北九州フューチャーズ(サブ球場)

 

2日目  5月17日(日)

10:50  準々決勝 対龍野アルカディアと群馬アトムの勝者(ほっともっとフィールド)

13:00  準決勝 対トーナメント勝者(ほっともっとフィールド)

15:10  決勝戦 対トーナメント勝者(ほっともっとフィールド)

17:00  閉会式(ほっともっとフィールド)

 

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止、どちらか1日のみ開催となる場合があります。

    1回戦に敗れた場合は、2日目9:00より、会場近隣の若葉学園グランドで開催の交流戦出場となります。

 

 

会場へのアクセス

神戸市営地下鉄、総合運動公園駅下車、駅前改札右側にほっともっとフィールドがあります。球場右方向へお進みいただくと球場事務所があり、そちらの入場口から入退場が出来ます。1塁側スタンド入口からも入退場出来ます。球場事務所を越えてさらに先に進むと歩道橋があり、その渡った先の方向にサブ球場があります。駅からは徒歩15分ほどです。(駅から改札左方向へ進むと直接サブ球場へ行けます。)

球場には駐車場もありますので、車での来場も可能です。

 

下記の詳しい情報についてもご参照ください。

会場アクセスについて

ほっともっとフィールド    サブ球場

日本身体障害者野球連盟 春の選抜全国大会のページ 

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、5月下旬にお知らせする予定です。

“To Challenge” 2015シーズンイン

〜「To Challenge」 挑戦する!〜

 

ロング1

挑戦する! 限界まで飛ばせ To Challenge

 

チームのトータルコンセプト『ワン・ツー・スリー』に加え、長田(おさだ)新監督のもと、2015シーズンスローガンとして 〜「To  Challenge」 挑戦する!〜 を新たに掲げ、2月22日、我が東京ブルーサンダースの2015シーズンが、所沢市の国立障害者リハビリテーションセンター内野球場でスタートしました。

 

昨年11月の全日本選手権決勝でのサヨナラ敗戦。まさに、日本一まであと1歩届かなかったブルサン。目標は春秋・悲願の全国制覇にほかなりませんが、この2015シーズンスローガンには、「全国制覇に向けて、選手一人ひとりが何に、どんなことに挑戦していくのか?をテーマとし、そのひとつひとつの挑戦の積み重ねでチームに足りていない部分を補い合ってチーム力を高め、悲願を達成しよう!」という意味が込められています。

 

当日は気温が10℃にも届かず、寒くはなりましたが、雨天の予報にも関わらず練習中は天候が持ち、充実した練習が出来ました。写真を中心に始動練習の模様をご紹介します。

 

河井体操

チームのスタートには、やっぱり河井体操がなくっちゃ!!

 

2番

山﨑のスケールアップに、ブルサンだけではなく全国の選手達が注目しているはず。

 

副主将

じっくり調整する感の日暮。ただ、この後のロングティーでのスイングを見るともう調整完了?(上部掲載)

 
指導

寒い中での練習だが、体験参加者へのアドバイスが自然に熱を帯びてくる。野球人のサガ?

 
コンビ

「上島〜どこ見て振ってんだ!球だよタマ!!」 「ハイ!!宮本さん宮本さん宮本さん…」この掛け合いが活性化を呼ぶ?

 
野球小僧

野球小僧は犬好きです。

 
ロンティー

宮本の勝負どころの一打の下地となるロングティー。年齢を重ねるとリバウンドも重なるが・・・負けないで挑戦!

 
馬場

馬場は左右の打席で試行錯誤。今季はどっちで打つ?

  
スイング

シャープで速い、河井のスイング

 
流し

今季も魅せる。 高橋の流し打ちのまさに瞬間

 
カミ

毎シーズン、ひとつずつ着実に課題をクリアしている感のある上島。雄叫びが響くか?

 
サードヤマ

サードも出来ちゃうヤマちゃん。戦術オプションを増やして臨む。

  
兼任監督

昨秋より采配を振るう長田監督。今シーズンは5年ぶりに選手としても復帰!本格始動のシーズン。

 
<長田監督・2015シーズンに向けて>

(選手兼任監督については)難しいとは思う。元(兼任)監督の大森さんを見ててもそう感じた。ただ、他の選手のみんなと切磋琢磨して、選手達のプレーの中で及ばない部分があれば、自分自身も出場してカバーが出来るように取り組んでいきたい。4シーズンチームを外から見ていて、ピッチャーを中心にまとまってきた印象がある。

(どんな野球を目指すか?)戦略を立てて臨む野球を目指す。作戦面、戦術面だけではなく、昨季の全日本選手権決勝の際に感じられたチームの雰囲気、つまり選手一人ひとりがそれぞれの水準を保ちながら、集中力を同じレベルに高めていける戦い方も戦略としていきたい。そのためには、例えばエラーした後の打席で打つ、打ち取られた後の守備で取り返すなど、失敗した次のプレーで貢献するという意識を持つことが大切。プレーだけではなく、下を向かない、声を出す、他の選手に声をかけるといった姿勢も重要になる。

今、チームの中心として活躍してくれているのは大森、宮本、日暮というお互いが近い世代の選手達であるが、その3選手より若い世代の選手達がチームの前面に出てきてくれることにも期待している。

 

祈

あと1歩を大きく踏み出す新生ブルサンへのご声援、よろしくお願いいたします。

お知らせ

News