投稿者:TokyoBlueThunders の記事一覧

第20回春の全国大会 結果報告

身体障害者野球を象徴する最大規模の大会、日本一美しいスタジアムと評されることも多いオリックス球団のホームスタジアム・現在の名称ほっともっとフィールド神戸を中心に開催される『全国身体障害者野球大会』も、今回は第20回の記念大会です。東日本大震災の被災から懸命に立ち上がる「福島アクロス」もこの大会に復活出場を果たし、全国16チームが5月19日・20日の2日間に渡って戦いを繰り広げました。

行進

20回目の“記念すべき”入場行進にブルーサンダース登場!

攻走守躍動の新監督初戦

我が東京ブルーサンダースも、前回の大会初戦で岡山桃太郎との熱戦に敗れた悔しさを胸に、林新監督を迎えて気持ちを新たに雪辱を期しました。今大会の初戦の相手は、、神戸コスモスと共に身体障害者野球の創設期を支えた古豪・大阪ジャガーズ。大阪府出身の新監督にとって、何か運命的な相手との初戦となったのではないでしょうか?一方、選手達の方は開会式からリラックスムード。時折笑顔も交えてノビノビと行進を終え、試合直前の練習ではキャプテン石垣の発案で“ダッシュの掛け声を変えてみよう!”となり、そのノリに乗って結果的には普段より多めにダッシュ等のアップをこなして試合に挑みました。さてさて、これがどう出るか…?

好ムード

キャプテン石垣(10)以下入念なアップで準備完了のブルサンナイン

その結果は「吉」だったようです!多めのダッシュで身体にキレが出たのか?藤澤の長打など各選手振りの鋭い打撃で初回から得点を重ねました。今回は出場登録メンバーも少なく、スタメンの選手が代走者としても力走しましたが、打撃が好調な場合は当然走塁・走ることも多くなり…。入念なダッシュの反動から“足がもつれる”状態の選手も出てきましたが、歳を重ねる各選手が『フィールドでの自分自身との闘い』にも克って!?リードを拡げました。

攻防

東京大阪決戦の息詰まる攻防

3回までに7点をリードしましたが4回に相手の反撃に遭って2点を失い、なおも1死満塁のピンチ。相手に傾いた流れでしたが、打撃と走塁で得たリズムが守備でも好影響をもたらしたのか、先発大森の顔面付近を襲うライナーをその大森が素早い反応でキャッチ!サードのキャプテン石垣が送球をガッチリ掴んでダブルプレーに抑え、相手の流れを断ち切りました。普段から自身の身体と障害に向き合う大森を知る立場として、このダブルプレーのシーンは、感動的なチームプレーのシーンに見えました。その次の攻撃で逆にこちらが2点を加え、裏の守備ではこの回から大森の後を受けた、全国大会初登板の河井が0点に抑えて、5回コールドで林監督の初戦を勝利で飾ることが出来ました。そして、前回大会で神戸コスモスを破って春の大会初優勝した北九州フューチャーズへの挑戦権を得ました。

リリース

勝利の立役者!ピッチング・フィールディング抜群の大森

チーム力が試される決戦

翌日の大会2日目、ほっともっとフィールドで勢いに乗ってディフェンディングチャンピオンと対戦!否が応でもテンションが上がるはずなのですが、試合前のベンチは少し落ち着かない雰囲気…直前に選手が怪我をしたようでした。「全員でカバーしよう!」と、改めて意識を高めて挑みました。先発の田中が、立ち上がりの失点を最少の1点にとどめて試合を作り、味方の反撃を待ちました。すると4回、打撃好調の小峰・大森のヒットで同点に追いつきました!相手は昨年の優勝の原動力で、全日本チームのエースにまで上り詰めた黒塚投手。過去に2度、完封勝利を許していたこともあり、足掛け数年で初めて黒塚投手から点を奪ったことで、石垣など当時を知る選手を中心にベンチは大きく盛り上がりました。

初登板

ほっともっとの、そして北九州戦初マウンドの田中は今回も好投!

守りから

守り抜いて、フィールドベンチ全員で反撃

しかし、春と秋の全国大会の決勝の舞台で何度も神戸コスモスと激闘を演じ、日本代表にも多くの選手を輩出している北九州。経験値があるだけに、試合の状況を切り開く力が勝りました。同点に追いついた後の5回、全日本の主力でもある磯部選手・黒塚選手に、技術と力を兼ね備えた連続長打を浴び、勝ち越しを許しました。ブルサンも6回、田中が失点を取り返すタイムリー、藤澤の果敢な走塁などチーム全員で追い上げましたが、最後は黒塚投手や、北九州守備陣の術中にはまってしまいました。試合の状況や展開に応じた攻撃守備の差が、最終的な点差として表れた感がありました。7回を戦い抜きましたが2-5で敗れました。逆にこの勝利で勢いづいた北九州フューチャーズは、準決勝は群馬アトム、そして決勝戦では前回大会の再現となりましたが、今大会も神戸コスモスを破って、大会連覇を達成しました。

神戸の

ほっともっとフィールドのコーチスボックスに立つ林監督

≪林監督 大会を振り返って≫

「以前のように上位のチームに対して、歯が立たずに圧倒されたわけではなく、ジャパンカップの神戸戦や今回の北九州戦のように、上位チームと戦うイメージは持つことは出来た。ただ、少しの差に見えるこの差が、実はとても大きくて少々の練習では差が縮まらないということは理解している。具体的には、例えばひとつ挙げると勝つことに対する執着心に、まだ上位チームと差があるのではないかと思う。初戦はドキドキしたし、勝利できて嬉しくて、2戦目は悔しかった。その気持ちは選手達と同じで、(新監督だからということでの立場の)違いや差はない。」

駆け引き

一杯!北九州の強打者と捕手小峰の一球の駆け引き

試合前や試合中に怪我をした選手も出た中で、チームはよく戦いました。ただ、今大会で見えた選手個々の、そしてチームとしての課題を追及して6月の練習に取り組み、7月には3連覇を達成すべく、静岡県で開催されるドリームカップ大会に臨みます。

最後に、この大会でのブルーサンダースに、遠方よりご支援ご声援頂いた方々に対して、厚く御礼申し上げます。そして、この盛大な大会を20回にも渡って継続して開催してこられた、日本身体障害者野球連盟、及び大会主催団体、後援・協賛・支援団体、そして各関係者の方々に、深く敬意を表させて頂きます。

記:山形重人

ベンチ前

一層のレベルアップを誓う

 試合結果成績

1日目 5/19 1回戦   ○9-2 大阪ジャガーズ

2日目 5/20 準々決勝 ●2-5 北九州フューチャーズ

大会全体の結果(日本身体障害者野球連盟・春の選抜全国大会のページ)

春の全国大会に出場します!

写真は、前回大会での開会式の様子です。

開会式

 

我が東京ブルーサンダースは、5月19日・20日に神戸市において開催される『第20回・全国身体障害者野球大会』に出場いたします。身体障害者野球における、最も大きな規模を誇るこの大会の出場は、1997年度の第5回大会から数えて「16年連続16回目」となります。

東京からですと遠方になりますが、会場へご来場いただき、ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。この2日間東京周辺でお過ごしの皆さんも、神戸方面へ少し気持ちを向けてお過ごしになり、ご声援いただければ嬉しく思います。障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯プレーして優勝を目指します。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

第20回 全国身体障害者野球大会

 

大会期間…5月19日(土) 20日(日)

大会会場…兵庫県 神戸総合運動公園 (ほっともっとフィールド神戸及びサブ球場)

        入場は無料です。自由に入退場できます。

 

チーム予定

 

1日目  5月19日(土)

9:00  開会式(ほっともっと)

14:10  1回戦 対大阪ジャガーズ(サブ球場)

 

2日目  5月20日(日)

10:50  準々決勝 対静岡ドリームスと北九州フューチャーズの勝者(ほっともっと)

13:00  準決勝 対トーナメント勝者(ほっともっと)

15:10  決勝戦 対トーナメント勝者(ほっともっと)

17:00  閉会式(ほっともっと)

 

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止、どちらか1日のみ開催となる場合があります。

  1回戦に敗れた場合は、2日目は9:00より、会場近隣の神戸市立工業高等専門学校グランドでの交流戦出場となります。

 

会場へのアクセス

神戸市営地下鉄、総合運動公園駅下車、駅前改札右側にほっともっとフィールドがあります。球場右方向へお進みいただくと球場事務所があり、そちらの入場口から入退場が出来ます。1塁側スタンド入口からも入退場出来ます。球場事務所を越えてさらに先に進むと歩道橋があり、その渡った先の方向にサブ球場があります。駅からは徒歩15分ほどです。(駅から改札左方向へ進むと直接サブ球場へ行けます。)

球場には駐車場もありますので、車での来場も可能です。

 

下記の詳しい情報についてもご参照ください。

会場アクセスについて 

ほっともっとフィールド    サブ球場

日本身体障害者野球連盟 春の選抜全国大会のページ 

 

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、5月下旬にお知らせする予定です。

“交流戦” 報告

埼京線・浮間舟渡駅前にある『北区立浮間中学校』その野球部に、“ブルサン00番”宮本選手の息子さん、一喜選手が所属しています。少し日時を経てからの報告になってしまいましたが、3月18日日曜日、“親子ゲンカ”ではなくて「交流戦」が、野球部の生徒さん及び関係の方々のご尽力により実現しました。

指示

アップを終え、コーチの入念な指示に耳を傾けて肯く浮間中のメンバー。

円陣

こちらブルサンは相手を意識しつつ… 「声だけは負けるな!」

ウォームアップの際に響く、相手コーチの大きく通る声での指示と、ハッキリと返事する選手の様子に、特に少年野球や中高の部活の経験があるブルサンの選手達は、原点に帰る想いで気が引き締まったのではないでしょうか?円陣でのキャプテン石垣の指示も「声では絶対負けないように!」でしたが、どうだったのか…?

挨拶

試合前のルール説明と挨拶。お互い“ガチ交流”を心に期す!

父

初回『4番・父ちゃん』の一打が打撃戦の号令となる。

親子4番対決!“仁義なき打撃戦”

試合は初回から“ケンカさながら”の仁義なき激しい打ち合いとなりました。先攻のブルサンは『4番・宮本』が、息子の守るライト前へ「突っ込んで来い!」と言わんばかりのヒットを落としてチャンスを拡げ、相手押し出しで先制後も続くチャンスに、セカンドスタメン抜てきに応える上島のタイムリーで追加点!勢いに乗りました。

司令塔

ブルサンの司令塔 小峰も始動。

4番一喜

浮間中の4番は『息子・一喜』ファーストの父に応えるかの様に打ち返す!

…が、豊富な練習を積む浮間中、甘くはなかったです。先発高橋が制球に苦しむ様子を見逃さず、見極めながらも好球はしっかり打ち返されました。『4番・一喜』も快打で応酬。2番手の大森からも追加点を奪った浮間中が序盤で大量リードしました。

渾身

「浮間中学のみんな 打ってみろよ!」 オトナ渾身の力投(大森)

日暮

力投に応えた!オトナの打撃(日暮)

松下フル

松下も豪快にフルスイング

真剣勝負がもたらす爽やかな笑い

年もちょっと余分に取ってることもあり、ブルサンのほうが試合のリズムに乗るのが少し遅れた感もありましたが、中盤には追撃態勢に入り、タイムリーを重ねて4点差まで追い上げました。ピッチャーの大森も立ち直り、後を受けた河井も追加点を許さずにきましたが、相手も球速のある左右の投手が次々に登場し、こちらもあと1点が取れませんでした。大森が放ったセンター後方への当たりも背走して好捕。浮間中の鍛えられた守備に脱帽です。

セットアッパー

ブルサンにリズムを呼び込んだ河井のピッチング

反撃

田中の一打で意地の追撃も…あと一息(三走・日暮)

終盤には田中が登板。中学生達も、普段はあまり対戦しないであろう左サイドスローからのボールに戸惑っていましたが、いつもの活動の中では田中が弟のように可愛がっている一喜くんが、ライト前へ素早いゴロの打球を綺麗に打ち返しました。強烈な恩返しに、直後の田中の一塁への牽制球がいつもより多かった様な…時には笑いも交えつつ、両チーム爽やかに9回ウラまで戦い抜きました。

 

試合結果 : 東京ブルーサンダース 6 - 10 北区立浮間中学校 (9回)

上島

初回にタイムリーを放ち、その裏元気に守備に就く上島。

セカンドでスタメン抜てきの上島

(スタメン抜てきに応え初回ライト前にタイムリー)満塁のチャンスに、自分は意識するといい結果が出ないので、来た球を思いっきり振ろうと思った。中学生は強かった。

偵察

グランド各所からの浮間中選手の試合の観察力・分析力も大きな戦力。

浮間中学校野球部監督 滝川先生

障害者野球のプレイヤーの皆さんの“キビキビした動き”が非常に目につきました。うちの選手でも、両手両足でプレーしていますが、最初の緩慢な動き出しが原因で球際で焦ってエラーする様子が見られます。グラブを外したその手で投げるといった、速くキビキビした皆さんのプレイから、選手たちは何かを感じ取ってもらいたいし、見習って欲しい。あと、そちらの投手の、球の内外への出し入れは、うちの選手も勉強になったのではないか?

試合後コメント 宮本

打てなくて悔しい!ただ、今の時期(3月)は5月の全国大会に向けた調整段階ということで(笑)監督とコーチが協力して、厳しく指摘できるコーチがいて、選手達も言ってくれるおかげでキビキビ動けている。自分が想像していたよりもしっかりしたチームだったので安心しました。

 

浮間中学校野球部の生徒さん及び関係者の皆さん、ありがとうございました。爽やかな気持ちでプレイすることが出来ました。

面談

(右から)浮間中・滝川監督 宮本 山形。次は暑いグランドでの熱戦を約束。

チームは現在、全国大会に向けて実戦練習を中心に調整に励んでいます。5月19日 ほっともっとフィールド神戸での開会式でお会いしましょう。次回更新はは5月下旬、全国大会での戦いぶりをお知らせします。

取材・構成 山形重人

3/4  練習試合報告

3月4日 気温5℃・・・

1日を通して最高気温と最低気温が変わらない天候の中での今季第1戦となりました。

第1球トリム

田中 今季第1球!

初采配

林新監督腕を組み初采配!「(グランドが)寒かった!」(試合後談話)

新監督初戦 強豪相手に腕試し

様々なチームとの練習試合を取り入れる方針の今季、早速、シーズン最初の対戦相手は初めて顔を合わせるチーム。そして初めて伺う場所での試合です。さいたま市北西部、川越市にも近い西遊馬(にしあすま)グランド。

その相手“鮨辰倶楽部”の現役の選手にお寿司職人さんはいらっしゃらないそうですが、浦和野球連盟A級に所属する(以上、鮨辰倶楽部さんHPより)強豪チーム。初っぱなからかなり手ごわいチームが来ました・・・

サード宮本トリム

初戦からMAX! サード宮本

大森捕手

今季は復活“キャッチャー大森”

高橋トリム

更なるスキルアップへ 高橋 この試合でも好守!

寒中の攻防 やっぱり野球が好き

選手たちの吐く息もまだ白く、ネックウォーマーが欠かせない状況。グランド上でプレイ中、時には震えながらでも「キャッチャーが後ろにそらした場合は・・・?」と、障害者野球のルールを聞き、熱心に語り合う野球好きたち。日常なら立ち話もためらう様な寒さもお構いなしにさせる“野球の魔力”です。鮨辰さんが我々と勝負しながら障害者野球を知り、新しい野球を積極的に楽しんで頂けたことで、我々も眠っていた感覚を呼び覚まし、力を引き出すことが出来ました。

攻防

寒中の攻防 俊敏に

打棒

鮨辰倶楽部 さすがの長打力

石垣

こちらは打撃に足を絡めて(石垣)

まだまだお互い、ベストに遠いコンディションの中でのプレイぶりに苦笑いしながらも、和気あいあいとゲームは進みました。鮨辰さんに、得点圏でのさすがの長打力を見せられましたが、こちらブルサンも、障害者野球で磨かれる「スキあらば行く」足を活かして応戦しました。

大森投手

レガースを外して 今季初マウンド

エール

フレッ フレッ ス・シ・タ・ツ!

両チームがお互い、初の対戦から刺激を受け、今後の再戦と交流を約束しました。

試合結果 東京ブルーサンダース 2  - 4 鮨辰倶楽部 (7回)

大島デビュー

チーム今季初タイムリー! 鮮烈デビューの大島

対外試合初出場の大島

(レフト前にチーム今季初得点となるタイムリー)当たりも良くなくて、打った感触もなかった。何せ今年最初で体が動かなくて…みんなでケガなく、楽しく、野球ができてよかったです。

ベンチ

明るさ抜群の鮨辰倶楽部ベンチ。 投攻守高いレベルはこのムードから

鮨辰倶楽部 選手コメントまとめ

試合をやっている感覚は、一般のチームが相手の時と変わらなかった。その中でも皆さんのプレイぶりから、新しい野球を見た、こんな野球もあるんだなと感じさせられた。この寒い時期にこれだけ皆さんが動けてる様子を見て、相当練習をされているなという印象を受けた。

 

鮨辰倶楽部の皆さん

全国大会に向けて、よいスタートを切ることが出来ました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。寒い中でしたが、やっぱり野球は楽しいですね!

ノーサイド

鮨辰倶楽部選手の皆さんと。 野球は楽しい!

次回引き続きまして、全国大会に向けた練習試合第2戦の報告を掲載いたします。

取材・構成 山形重人 

2012 シーズンスタート!

“2012年の新たなシーズン” 林新監督を迎えての新たなシーズンが始まりました。

2月26日 国立リハビリテーションセンターグランド。まだまだ肌寒く、冬の曇り空の下(もと)での始動でしたが、冷たい空気を打ち鳴らすかのように、3か月間のシーズンオフを経た選手達による、ハツラツとした掛け声と球音がグランドに響きました。

グランド挨拶

それぞれの新シーズンへ期する思いを胸に まずはグランドへ感謝の挨拶

そして、もう一つの新たな息吹。連盟加盟申請予定の新チーム・千葉“市川ドリームスター”の4選手も私たちの初練習に参加して下さり、互いに新たな刺激を分かち合いながら合同練習に励みました。

両監督

左 林新監督 右 大森前監督 継承の1枚

林新監督 抱負

選手達に1年間、責任を持って、楽しんで野球がやれてよかったと思わせることが出来る手助けを、監督として取り組みたい。普段の練習や試合の中で各選手の良さを引き出していきたい。今シーズンはこれまで以上に様々な相手、今まで組めなかった様なチームとの練習試合を多く計画している。多くの試合の中で多くの選手を起用し、本当の全員野球で戦う。ほっともっと神戸での全国大会も全員で優勝を目指す。

大森選手(前監督)より激励

激励のあいさつってのも照れくさいけど…(笑) 昨シーズンまで私が監督を務め、至らないチームではありますが、私以上に厳しさを前面に出して、よろしくお願いいたします。

各選手が課題をもって始動しました。 ワン ツー スリー  を目指して!!
たまぎわ

球際に強く! 宮本

ミット目掛け

激投へ始動! 田中

突っ込めよ!
飛躍のシーズンへ! 大沼

石垣主将 シーズン初練習を終えて

初練習ということで、ひとつひとつのプレイの精度がまだまだ低い印象もあったが、回を重ねて高めていく。雰囲気は良く練習できている。体制や監督が代わっても、チームが目指すものへの意識はこれまでと変わらない。全国の決勝で戦うために、そして更にその先にあるものへも意識を持って取り組む。

 

一二塁間

チームも“サイズも”違う一二塁間。 連携イイ感じ★

 

市川ドリームスター 参加選手コメントまとめ

合同練習による多くのメンバーで普段出来ない練習が出来たことで、意識も持てた。どこに返球するかの判断、走塁時の判断や意識を確認することが出来た。

市川ドリームスター代表 笹川選手

これまでブルーサンダースのメンバーの方が私たちの練習にお越し下さったおかげで、私たちもここまで技術を高めてこられた。そして今回は初めて、こちらの練習に参加させて頂くことが出来た。ただ、私たちは同じ関東地区で、東京ブルーサンダースという『山』を越えなければならない。

 

次回は4月初旬 春の全国大会に向けた練習試合を報告予定です。

ブルードリーム

お互い 関東で旋風を!

 

市川ドリームスターと、少しでも早く試合の場で競い合えることを、楽しみに願っております。

頑張ってください!

取材・構成 山形重人

お知らせ

News