お知らせ

【速報報告】関東大会は準優勝 当日会場を変更し開催されました

『ゼット杯争奪第28回関東甲信越身体障害者野球大会・第2日』は、9月3日土曜日、足立区の平野運動場で開催予定でしたが、当日までの雨天によるグランド状態不良のため、出場チームの申し合わせにより、開催当日、会場をさいたま市の『東京健保組合大宮運動場・大宮けんぽグラウンド野球場』に変更して開催されました。

大会予備日の開催に伴う急遽の変更決定であったため、当HPにで大会会場の変更をお知らせ出来なかったことにつきまして、お詫び申し上げます。

 

晴れ間に乗り、初戦の激戦を経たチームにリズムを呼ぶマウンド

 

リズムと流れに乗って攻める

 

三浦(14)のスリーランHRで最高潮!

 

日中以降は天候が回復し、好天の中での大会におきまして、我が東京ブルーサンダースは準決勝・東京ジャイアンツ戦は投打がかみ合い、『三浦のセンターオーバー(柵越え)スリーランHR』等でリードを拡げ、投げては河井市川の完封リレーで勝利し、決勝に進出しました。

 

完全にゾーンに入ってるぜ!もう止まらない

 

手応え十分、打球の行方は?

 

決勝戦の千葉ドリームスター戦は、相手に先制を許す中で追う展開を強いられましたが、ピンチでのダブルプレーを奪うなど追加点を許さず、長田監督兼選手の内野へ叩きつける渋い一打などで反撃に転じましたが、2度の得点機を活かせずに敗れ、準優勝で大会を終えました。

 

決勝戦 ルーキーにお膳立て 集中 フルスイング!! (新入団丸山)

 

非常時…まさにいざという時を、俺の空気に変える

 

優勝を逃し、全日本選手権の出場権が得られなかった結果については、表出した課題の解消に、以降の練習の中で取り組む必要がありますが、3シーズンぶりに公式戦に復帰出来たシーズンにおいて、今大会でもレギュラーメンバーを中心に、今季新たに加わった新人選手、要所でチームを助けた経験豊富な主力選手、マネージャーやベンチの選手・サポーターも一体となって戦い、真の復活への手応えを得られた大会となりました。

 

日頃よりチームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを引き続き抱きながら、今後の練習活動の中で来季以降を見据えたチーム力の向上に努めてまいります。そして、チーム一同、一刻も早い新型コロナウイルス禍事態の終息を心より願っております。

 

マウンドも楽しんでるか? バックから不変のキャプテンシーがチームを和らげ、引き締める。

 

 

試合結果戦績  

 

2022年8月28日  足立区・平野運動場野球場

 

1回戦           ○  11x-10  埼玉ウィーズ

 

2022年9月3日   さいたま市・東京健保組合大宮運動場野球場

 

準決勝          ○  10-0  東京ジャイアンツ

 

準決勝          ●  0-5   千葉ドリームスター

 

 

第1日を含む大会の模様は引き続き写真画像を中心にご紹介いたします。

 

ブルーサンダースFacebookでも戦いぶりをご紹介していますので是非ご覧ください。 

 

関東甲信越大会 9月3日土曜日に順延されました

 

 

『ゼット杯争奪第28回関東甲信越身体障害者野球大会』が8月28日に開催されましたが、開始後の強い降雨のため、開会式及び1回戦実施後中止となり、下記の通り順延されました。第1日目同様、9月3日土曜日、東京都足立区・平野運動場内野球場にて開催されます。

 
我が東京ブルーサンダースは1回戦・埼玉ウィーズ戦におきまして、降雨を伴う難しいコンディションの中での熱戦を、11‐10のサヨナラゲームで勝利し、準決勝に進出しました。(開会式及び1回戦の模様は追って写真紹介いたします)

 

日頃よりチームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを持ち、今季の取り組みの成果を発揮すべく精一杯プレーします。そして、今季は東京都開催です。ご都合がおつきの方々におかれましては、是非会場へご来場ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

ゼット杯争奪第28回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第24回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦 (第2日)

 

大会日程…9月3日(土)

大会会場…東京都足立区 平野運動場内野球場

         入場は無料です。自由に入退場出来ます。

 

チーム予定

 

9:30   トーナメントBブロック準決勝 対東京ジャイアンツ (場内A球場)

11:10  決勝戦 対トーナメントAブロック勝者(場内B球場)

      (Aブロック出場チーム 群馬アトム 千葉ドリームスター )

13:10 閉会式 (場内B球場)

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

 

 

会場へのアクセス

JR常磐線、地下鉄千代田・日比谷線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス線北千住駅下車

JR西口駅前都営バス①乗り場より、北47系統「竹ノ塚駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

東武伊勢崎線竹ノ塚駅下車 駅バス停⑥乗り場より、北47系統「北千住駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

(平野町バス停が運動場正面入口に近くなります)

バスは10~15分に1本程度走っています。

 

車利用の場合の周辺地図 (都内より国道4号線を北上する場合は右折不可となります。)

構内駐車場もありますが、大きくはありません。

(所在地:足立区平野2-12-1 TEL03-3883-8079)

 

下記の情報についても、ご参照ください。

 

平野運動場施設紹介HP

 

グランド情報(teams)

 

ブルーサンダースFacebook(ドリームカップ・ブロック優勝報告も掲載しております)

 

当会場 足立区平野運動場野球場で開催された2016年度大会の開会式。財原主将(左)の選手宣誓、中央に長田代表理事。

3シーズンぶりの大会出場 ドリームカップに出場します

3シーズンぶりの大会出場です。

 

一致団結して静岡県での大会に臨みます。(前回出場の2019年大会より)

 

東京ブルーサンダースの本拠地・東京都における新型コロナウイルスの新規感染者数の増加の規模が、全国各県の中でやむを得ず極めて高いという実情もあり、グランド使用制限の発出などチーム活動にも影響がありました。その状況下での練習実施に際しては、メンバー及びチーム関係者スタッフ個々が新規感染の拡大防止に向けて取り組むことを前提に、準備の段階から終了まで、現在の状況下における各施設グラウンド使用における規定を遵守し、チームとしても感染拡大防止に向けた取り組みを行いながら、練習活動を進めています。また、スポーツ庁及び日本身体障害者野球連盟より案内のありました、スポーツ活動再開における感染予防ガイドラインを参考にさせて頂き、チームとして必要な予防策を取りまとめた、『東京ブルーサンダースの感染予防ガイドライン-2022シーズン改訂作成版』を踏まえて定期練習を継続しております。下記リンクをご参照ください。

 

感染予防ガイドライン(2022シーズン改訂作成版)

 

 

2020年シーズンから、各種大会へのチームとしての出場は見合わせておりましたが、来たる7月30日、静岡県裾野市で開催されるカップトーナメント『DREAM CUP 身体障害者野球大会』に、3シーズンぶりにチームとして大会出場いたします。今大会が第19回大会となり、我が東京ブルーサンダースは第1回大会からフル出場を続けております。

 

大会は現状の状況に即した開催形式となり、今回は静岡県下のチームとのリーグ戦形式での実施となります。上記チームガイドラインと併せて、大会における『新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』も遵守の上出場いたします。障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯プレイします。ご声援を頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

第19回 DREAM CUP 身体障害者野球大会

 

チーム出場日程…7月30日(土) 

 

大会会場…静岡県 裾野市運動公園野球場(裾野球場) 

(基本的には無観客での開催となります。ご来場をご希望の際は可能な限りチームもしくは大会事務局への事前のお問合わせをお願いします。)

 

当HPお問い合わせフォーム

大会事務局メールアドレス dreancup@itbcsvr.sakura.ne.jp

 

チーム予定

 

7月30日(土)

 

9:15   開会式(簡易形式)

 

12:30 リーグ戦 対ビーグルス(静岡県一般軟式野球チーム)

 

14:15 リーグ戦 対静岡ドリームス(日本身体障害者野球連盟所属チーム)

 

15:50 表彰式 (試合終了後)

 

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止となる場合があります。

 

 

会場へのアクセス(裾野市運動公園野球場)

JR御殿場線、岩波駅下車、駅前よりタクシー利用約10分程度。

東海道線国府津駅、小田急線新松田駅から御殿場線に乗り換えになります。新幹線利用の場合は三島駅から東海道線に乗り換えて1駅先の沼津、沼津から御殿場線に乗り換えです。

車の場合、東名高速・裾野インター下車、10分程度。裾野市運動公園には広大な駐車場があります。

(所在地:静岡県裾野市今里1616-1 TEL: 055-997-7277 運動公園事務局)

 

 

下記の情報についても、ご参照ください。

 

裾野球場写真及び地図(teams)

 

裾野球場写真  

 

大会前 暑いグランドで熱く追い込む (7月18日練習 戸田市笹目公園野球場)

 

ベストなフォームを自分に落とし込む(市川)

 

みっちり投げ込み(大森)

 

監督のティーをただひたすら打ち込む(田中)

 

大会直前の練習の模様をブルサンfacebookでもご紹介しています。

2022シーズン 練習実施のお知らせ

東京ブルーサンダースは、新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で、2022シーズンの練習活動を下記の要領で行う予定です。

 

練習実施に際しては、準備の段階から終了まで、現在の状況下における各施設グラウンド使用における規定を順守し、チームとしても感染拡大防止に向けた取り組みを行いながら、練習活動を進めてまいります。また、スポーツ庁及び日本身体障害者野球連盟より案内のありました、スポーツ活動再開における感染予防ガイドラインを参考にさせて頂き、チームとして必要な予防策を取りまとめた、『東京ブルーサンダースの感染予防ガイドライン-2022シーズン改訂作成版』を踏まえて活動いたします。下記リンクをご参照ください。

 

感染予防ガイドライン(2022シーズン改訂作成版)

 

日頃よりご声援を頂いている皆様からの、チーム活動へのご理解、そして引き続いてのご声援を頂ければ幸いでございます。そして、チーム一同、一刻も早い事態の終息を心より願っております。

 

 

練習予定

 

 

日  時   7月  18日  月曜日(祝日)    12:30より16:30まで

                     通常練習を実施します。

 

場  所     笹目公園野球場 会場地図

 

参加を希望される方はお気軽にご連絡ください!

 

 

 

 

以降の練習等予定につきましては、こちらのページ及び練習日程カレンダーにて随時お知らせします。

 

 

ブルサンFacebookのほうでも直近の練習や紅白戦の模様等をご紹介しております

 

 

5月8日 練習紹介 (チーム紅白戦)

 

ピッチャー ショート レフト その瞬間に思い描くことは?

ピッチャー ショート レフト その瞬間に思い描くことは?

 

 

右腕 指先からリリースの瞬間から起こる展開(笠松)

右腕 指先からリリースの瞬間から起こる展開(笠松)

 

打者 捕手 代走者 そして次打者にも交錯する心理戦も身体障害者野球のパーツ

打者 捕手 代走者 そして次打者にも交錯する心理戦も身体障害者野球のパーツ

 

この次の瞬間に始まる駆け引き 「後ろはいった!」

この次の瞬間に始まる駆け引き 「後ろはいった!」

 

「障害を持つ選手の姿勢から、怪我を負った自身に今何が出来るか?を考える」 「障害を持つ選手が目いっぱい野球に取り組んで楽しむ姿から、社会人として野球に取り組む自身にどう活かすかを考える」 こういったご感想をビームスの初参加の選手の皆さんから頂きました。

「障害を持つ選手の姿勢から、怪我を負った自身に今何が出来るか?を考える」 「障害を持つ選手が目いっぱい野球に取り組んで楽しむ姿から、社会人として野球に取り組む自身にどう活かすかを考える」 こういったご感想をビームスの初参加の選手の皆さんより頂きました。

 

ゼンコ―ビームスの選手の皆さん、ご指導ご協力ありがとうございました。

ゼンコ―ビームスの選手の皆さん、ご指導ご協力ありがとうございました。

2021シーズン活動終了の報告とご挨拶

東京ブルーサンダースは、12月5日に実施しました千葉ドリームスターとの練習交流試合をもちまして、2021年シーズンのチーム活動を終了出来ましたことを、ご報告いたします。

 

交流試合後、千葉ドリームスター、及び体験参加して下さった皆さんとご一緒に笑顔でシーズン活動を終えたブルーサンダース

交流試合後、千葉ドリームスター、及び体験参加して下さった皆さんとご一緒に笑顔でシーズン活動を終えたブルーサンダース

 

改めてオリンピックイヤーとなった2021年のシーズンでしたが、チームの本拠地である東京都においては、シーズン期間中の新型コロナウイルス感染者数増加の実情が続き、グラウンド確保や選手の練習活動参加等に大きく影響を及ぼしました。練習及び練習外の時間でも、チーム活動の展開に協議を重ねる中で実情を踏まえつつ、やむなく各種大会の出場を辞退させて頂かざるを得ない状況で、今シーズンはチームとしての、日本身体障害者野球連盟の公式記録を残すことが出来ませんでした。

 

ただ、そういった特別な難しい状況の中でも、チームは感染拡大防止に向けた取り組みを行いながら可能な形で練習活動を継続し、シーズンの終了を迎えることが出来ました。様々な制限も伴いましたが、提携女子硬式チーム「ゼンコ―ビームス」さんによるご指導、合同練習・練習試合にご協力下さった各チームの皆さん、そしてご一緒に練習に参加し、ご協力も頂けた皆さんのおかげで、毎回活気のある基本練習、実戦練習、練習試合に取り組むことが出来ました。そして、これまでのシーズンに増して、ご支援ご協力ご賛同頂ける皆さんがチームに力(ちから)を与えて下さっていたことを実感出来たシーズンとなりました。皆さんにチーム一同、心より御礼申し上げます。

 

今後も引き続き、新種のウイルスなども含む感染状況の推移を踏まえながらのチーム活動となりますが、来たる2023年シーズンは、現状では8月下旬に実施予定の関東甲信越大会の主催チームとなります。オフシーズンから来シーズンに向けて、着実にチームとしての体制を整えつつ練習に励み、再び各種大会に臨み勝利を目指すことを原動力として取り組みます。そして何よりも、一刻も早いコロナ禍事態の終息を心より願っております。

 

 

12月5日 練習試合ご紹介 (対千葉ドリームスター 江戸川第三運動公園 前編の写真ご紹介は左欄参照)

 

前編より続く

 

潤の一打から再び突き放す!

キラ星の新戦力 池内潤の一打から試合の主導権を握り

 

ランナーを貯め、攻める (二走市川)

ランナーを貯め、攻める (二走市川)

 

低く来いよ! (捕手石山)

低く来いよ! (捕手石山)

 

よっしゃ低く! (マウンドに戻ってきた笠松の剛球)

よっしゃ低く! (マウンドに戻ってきた笠松の剛球)

 

ウイニングボール来い

ウイニングボール来い

 

マジ来たぜ 河井!!

マジ来たぜ 河井!!

 

ナイスセカンでブルサンウイニング

ナイスセカンでブルサンウイニングの瞬間

 

粘り勝ち 大きな勝利!!

粘り勝ち 大きな勝利!!

 

両チーム活躍の選手たちに “長田賞” 2022シーズンは、再びブルーサンダースが千葉ドリームスターとともに熱く関東甲信地区で戦います。

両チーム活躍の選手たちに “長田賞” 2022シーズンは、再びブルーサンダースが千葉ドリームスターとともに熱く関東甲信地区で戦います。

 

 

新シーズンは2月下旬より始動予定です。ご声援よろしくお願いいたします。

新シーズンは2月下旬より始動予定です。ご声援よろしくお願いいたします。

 

ブルサンFacebookでもご報告しております。