お知らせ

1年を経て再戦 交流戦報告

ちょうど1年ぶりになります。3月17日 東京都 北区立浮間中学校野球部と、今シーズンも交流戦を実施しました。野球部とその関係者の皆さんのご尽力のおかげで、春の爽やかな朝、晴れ渡る青空の下(もと)この試合を実現させることが出来ました。深く感謝いたします。

父女房

えっ 父ちゃんが母ちゃん!? キャッチャースタメン 女房役として盛り立て、この日のブルサンを乗せた宮本

我がブルーサンダースの今季第1戦。そして、宮本選手の息子さん・夕陽選手が所属するチームとの“親子対決第2章”そう、忘れてはいけない。前回の対戦では壮絶な打撃戦の結果、ブルサンは中学チームに打ち負けたのです。連敗するとさすがに、大人のメンツ丸つぶれ。負けるわけにはいきません。しかし、浮間中も昨年同様、気迫を前面に出して向かってきました。

先発

先発して5回1失点の河井「打てない軌道のボール」と中学監督から絶賛される。

本格派

この投手も含め、浮間中の投手陣は速球派が続々登場

試合は浮間中投手陣の速球中心のピッチングと、テンポ良い守り、そしてブルサン先発河井とキャッチャー宮本の、絶妙のコンビネーションで打たせて取るリズム、両方が相まってスピーディーに進みました。昨シーズンのゲームと全く逆の展開です。緊迫した中、2-1と1点リードの5回に3点を挙げて突き放しました。しかし浮間中の追い上げに合い、2点を返されましたが、7回にブルサンが集中打で4点を挙げて突き放し、9-3で勝利。何とか連敗は免れ、昨年敗れた雪辱は出来ました。

ばば

速球にくらいつく2番スタメン馬場。進塁打となり1塁ランナーは3塁へ。追加点を呼ぶ。

ショート

正確な姿勢、強気の表情で打球に入る浮間中の野手陣

浮間中の元気のあるキビキビした動きに誘発されたのか、我がブルーサンダースも攻撃の状況に応じたバッティング・進塁打、走塁、投手陣の好投など、今シーズンの良いスタートが切れたというゲームでした。浮間中学野球部とその関係者の皆さん、今年もすがすがしいゲームをありがとうございました。

ブルサン挨拶

浮間中学戦の連敗を免れたブルサン。快勝後に一礼。

くんじ

浮間中ナイン、ブルサンベンチへ挨拶「君たちとの試合を楽しみにしています。」(林監督)

≪浮間中学校野球部監督 滝川先生≫

相変わらず打撃がピカイチで、守備も片手で扱う取ってから投げるまでの一連の動きが速い。それに、先発投手の方(河井)の“落ちていくボール”に合わなかった。打席とベンチで見え方が違うのではないか?

ブルーサンダースさんは試合の中で、ひとつにまとまることが必要な場面とそのための術(すべ)が分かっているように感じる。その辺りが勉強になる。うちの生徒はおとなしい選手も多いが、春と夏の大会に向けてコーチと一緒にゲキを飛ばしながら頑張ります。

円陣

監督(右)コーチの前で円陣。今年もナイスゲームをありがとう。

ブルーサンダースfacebookのほうでも、試合中の模様を詳しくレポートしております。

東京ブルーサンダースfacebookへはこちらからどうぞ。