お知らせ

関東甲信越大会のお知らせとドリームカップ報告

長嶋氏のお言葉に込められた 『不屈の魂』 を抱いて戦う・・・

 

「がんばれ みんな」 長嶋茂雄氏からドリームカップ大会へ寄せられたメッセージと共に士気を高めるブルサンナイン

「がんばれ みんな」 長嶋茂雄氏からドリームカップ大会へ寄せられたメッセージと共に士気を高めるブルサンナイン

 

7月30日、31日に静岡県裾野市で開催された『第13回DREAM CUP 身体障害者野球大会』から、1ヵ月も期間を開けない日程ですぐ、今季は『ゼット杯争奪第22回関東甲信越身体障害者野球大会』が8月28日に開催されます。重要な夏の連戦の2戦目になります。

全日本選手権の出場権も懸かる今回の大会は、東京都足立区・平野運動場内野球場にて開催されます。東京開催・そして我が東京ブルーサンダースによる主管開催大会になります。前年度の大会決勝戦に敗れ、全日本選手権大会出場を逃した雪辱を期し、再び悲願の全国制覇へ挑戦するためのスタートとなる大会です。

 

日頃よりチームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを持ち、今季の取り組みの成果を発揮すべく精一杯プレーします。そして、今季は東京都開催です。ご都合がおつきの方々におかれましては、是非会場へご来場ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

ゼット杯争奪第22回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第18回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦

 

大会日程…8月28日(日)  ※予備日 9月3日(土)

大会会場…東京都足立区 平野運動場内野球場

         入場は無料です。自由に入退場出来ます。

 

チーム予定

8:30   開会式

10:50  トーナメントBブロック準決勝 対東京ジャイアンツ、長野佐久レッドスターズの勝者(A球場)

14:00  決勝戦 対トーナメントAブロック勝者(B球場)

      (Aブロック出場チーム 群馬アトム 千葉市川ドリームスター 埼玉ウィーズ)

16:00 閉会式

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

※準決勝敗戦の場合は、14時からA球場での3位戦に出場となります。

 

会場へのアクセス

JR常磐線、地下鉄千代田・日比谷線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス線北千住駅下車

JR西口駅前都営バス①乗り場より、北47系統「竹ノ塚駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

東武伊勢崎線竹ノ塚駅下車 駅バス停⑥乗り場より、北47系統「北千住駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

バスは10~15分に1本程度走っています。

 

車利用の場合の周辺地図 (都内より国道4号線を北上する場合は右折不可となります。)

構内駐車場もありますが、大きくはありません。

(所在地:足立区平野2-12-1 TEL03-3883-8079)

 

下記の情報についても、ご参照ください。

平野運動場施設紹介HP

 

『第13回DREAM CUP 身体障害者野球大会』 出場報告

 

大会3連覇を目指して出場しましたが、決勝戦で名古屋ビクトリーに敗れ、準優勝となりました。大会での戦いぶりから、関東甲信越大会に向けての課題も見えましたが、新戦力の台頭、怪我や病気からの復活を経た中心選手の活躍など、次の戦いにつながる面も見られました。

 

≪7月30日 予選リーグ 東京ブルーサンダース11-0龍野和歌山連合≫

ドリームカップは例年、新シーズンにブルーサンダースで新たに身体障害者野球を志すプレイヤーが登場する舞台となります。今回も颯爽と新鋭・市川が登場。スタメンセカンドでデビュー! 初打席は低めのボールを巧打して打点を挙げ、勢いに乗って2打席目は2塁を狙って果敢にスライディング。ルーキーの体を張った活躍に、移動後の早朝ゲームで少し動きの重かった先輩選手も良い刺激を受け、センター財原主将が右中間への当りからダブルプレーを奪い、田中副将がコールドゲームを決めるサヨナラ3ラン、そして前回大会デビューの笠松が、すでに風格を見せながらノーヒットピッチ。投攻守噛み合っての勝利でした。

 

富士の青空とともに飛び出す「ブルー」サンダース

富士の青空とともに飛び出す「ブルー」サンダース

セカンドスタメン。走攻守満点デビューの市川

セカンドスタメン。走攻守満点デビューの市川

開幕戦ノーヒッターの笠松は、大会を通した活躍を予感させた

開幕戦ノーヒッターの笠松は、大会を通した活躍を予感させた

 

≪予選リーグ 東京ブルーサンダース8x-6長野佐久レッドスターズ 4回逆転サヨナラ≫

神戸全国大会に続くレッドスターズ戦となったが、相手南久保投手のキレのある速球を打ちあぐね、打線がストライクゾーンにも戸惑ってしまう。0-3で迎えた3回に日暮と小峰の2ランホーマー2本で逆転するが、再逆転を許して迎えた4回ウラ、2アウトからキャプテン財原が直球に負けずにレフトへ打ち返して1点差。そして、再び日暮の1発がセンターの彼方へ、逆転サヨナラホームランとなって飛んで行った。

 

日暮「狙い球は特にない。センター返しだけを意識して打った。」

 

その後の活躍も含め“神ってる”とチームにたたえられたが、このシンプルな意識が神秘的な好打を招いたのかも知れない。「関東予選でもう1戦!」と笑顔で握手してくれた佐久の選手達が、再び立ちはだかることも想定しなければならない。

追い詰められたブルサンを救う財原主将の一打はレフトへ!

追い詰められたブルサンを救う財原主将の一打はレフトへ!

 

財原、日暮、生還するふたりのヒーローを迎えるナイン

財原、日暮、生還するふたりのヒーローを迎えるナイン

 

≪7月31日 準決勝 東京ブルーサンダース11-1静岡ドリームス≫

笠松、田中、そして河井。ピッチャーを務める選手達が打って活躍。当然大森も長打で貢献し快勝。

ケガに遭った市川をカバー。攻守に活躍のハッスル河井!

ケガに遭った市川をカバー。攻守に活躍のハッスル河井!

好投が続く笠松。田中はホームランと好走塁で援護する

好投が続く笠松。田中はホームランと好走塁で援護する

 

≪決勝戦 東京ブルーサンダース0-12名古屋ビクトリー≫

 

初回、先頭日暮の3ベースを活かせずに流れを手放す。名古屋へのリベンジは選手権で果たすしかない。

決勝戦も打った日暮。3塁への激走に林コーチも笑顔で労う。

決勝戦も打った日暮。3塁への激走に林コーチも笑顔で労う。

 

このDREAM CUP大会は、主催の中部東海地区身体障害者野球連盟、静岡ドリームス以下、たくさんの運営スタッフの方々のご尽力で開催されています。そして、多くのご協賛団体の皆さんが、大会に出場している身体障害者野球チームを支援して下さっています。大会の運営に携わる皆さんに対して敬意を表し、深く感謝申し上げます。

 

関東甲信越大会も引き続き、ご支援ご声援お願いいたします。

関東甲信越大会も引き続き、ご支援ご声援お願いいたします。

 

ブルサンfacebookも、チームに関する情報満載でお届けしています。