お知らせ

【速報報告】関東大会は準優勝 当日会場を変更し開催されました

『ゼット杯争奪第28回関東甲信越身体障害者野球大会・第2日』は、9月3日土曜日、足立区の平野運動場で開催予定でしたが、当日までの雨天によるグランド状態不良のため、出場チームの申し合わせにより、開催当日、会場をさいたま市の『東京健保組合大宮運動場・大宮けんぽグラウンド野球場』に変更して開催されました。

大会予備日の開催に伴う急遽の変更決定であったため、当HPにで大会会場の変更をお知らせ出来なかったことにつきまして、お詫び申し上げます。

 

晴れ間に乗り、初戦の激戦を経たチームにリズムを呼ぶマウンド

 

リズムと流れに乗って攻める

 

三浦(14)のスリーランHRで最高潮!

 

日中以降は天候が回復し、好天の中での大会におきまして、我が東京ブルーサンダースは準決勝・東京ジャイアンツ戦は投打がかみ合い、『三浦のセンターオーバー(柵越え)スリーランHR』等でリードを拡げ、投げては河井市川の完封リレーで勝利し、決勝に進出しました。

 

完全にゾーンに入ってるぜ!もう止まらない

 

手応え十分、打球の行方は?

 

決勝戦の千葉ドリームスター戦は、相手に先制を許す中で追う展開を強いられましたが、ピンチでのダブルプレーを奪うなど追加点を許さず、長田監督兼選手の内野へ叩きつける渋い一打などで反撃に転じましたが、2度の得点機を活かせずに敗れ、準優勝で大会を終えました。

 

決勝戦 ルーキーにお膳立て 集中 フルスイング!! (新入団丸山)

 

非常時…まさにいざという時を、俺の空気に変える

 

優勝を逃し、全日本選手権の出場権が得られなかった結果については、表出した課題の解消に、以降の練習の中で取り組む必要がありますが、3シーズンぶりに公式戦に復帰出来たシーズンにおいて、今大会でもレギュラーメンバーを中心に、今季新たに加わった新人選手、要所でチームを助けた経験豊富な主力選手、マネージャーやベンチの選手・サポーターも一体となって戦い、真の復活への手応えを得られた大会となりました。

 

日頃よりチームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを引き続き抱きながら、今後の練習活動の中で来季以降を見据えたチーム力の向上に努めてまいります。そして、チーム一同、一刻も早い新型コロナウイルス禍事態の終息を心より願っております。

 

マウンドも楽しんでるか? バックから不変のキャプテンシーがチームを和らげ、引き締める。

 

 

試合結果戦績  

 

2022年8月28日  足立区・平野運動場野球場

 

1回戦           ○  11x-10  埼玉ウィーズ

 

2022年9月3日   さいたま市・東京健保組合大宮運動場野球場

 

準決勝          ○  10-0  東京ジャイアンツ

 

準決勝          ●  0-5   千葉ドリームスター

 

 

第1日を含む大会の模様は引き続き写真画像を中心にご紹介いたします。

 

ブルーサンダースFacebookでも戦いぶりをご紹介していますので是非ご覧ください。