お知らせ

関東甲信越大会出場・鴻巣市で開催です。

全日本選手権の出場権を懸けた『ゼット杯争奪第25回関東甲信越身体障害者野球大会』 は、8月18日日曜日(予備日は31日土曜日) に、埼玉県鴻巣市で開催されます。

今年の夏も“熱い”戦いを(前回大会の信濃レッドスターズ戦より)

今年の夏も“熱い”戦いを(前回大会の信濃レッドスターズ戦より)

今回の大会は、埼玉県鴻巣市・上谷(かみや)総合公園野球場・フラワースタジアムにて開催されます。
 1戦必勝の姿勢で、5年ぶりの優勝を目指しますが、チームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを持ち、日ごろの取り組みの成果を発揮すべく精一杯プレーします。暑中の大会開催ではございますが、近隣県での開催ということで会場へご来場ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

ゼット杯争奪第25回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第21回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦

 

大会日程…8月18日(日) 予備日31日(土)

大会会場…埼玉県鴻巣市 上谷(かみや)総合公園野球場・フラワースタジアム及びサブ球場

      入場は無料です。自由に入退場出来ます。場内は駐車場もありますので、お車での来場も可能です。

 

チーム予定

8:30   開会式(フラワースタジアム)

9:10   トーナメントBブロック1回戦 対埼玉ウィーズ(サブ球場)

10:50   トーナメントBブロック準決勝 対千葉市川ドリームスターの勝者(サブ球場)

14:20   決勝戦 対トーナメントAブロック勝者(フラワースタジアム)

     (Aブロック出場チーム 群馬アトム 信濃レッドスターズ 東京ジャイアンツ)

16:00   閉会式(フラワースタジアム)

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

 3位戦は実施しません。1回戦で敗れた場合は、12:30からの交流戦(フラワースタジアム)に出場となります。

 

会場へのアクセス

JR高崎線鴻巣駅乗換 東口より朝日バス加須駅方面行き乗車約10分 「上谷公園入口」下車  徒歩10分程度 運賃210円

バス停下車後直進 埼玉脳神経外科病院前右折、隣接の自動車教習所教育会館前左折後直進

 

鴻巣駅バス時刻表 土日祝日時刻参照

 

車の場合の地図はこちらをご参照ください。

フラワースタジアムをホームとする プロ野球独立BCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズHP(球場地図参照)

(所在地:埼玉県鴻巣市上谷字砂場707 TEL048-541-8290 公園事務所)

 

下記HP情報もご参照ください。

 

フラワースタジアム全景紹介   フラワースタジアムでの試合観戦記及び耳寄り情報

 

頂点まで駆け上がる

頂点まで駆け上がる

 

東京ブルーサンダースfacebookも併せてご参照ください。

熊谷イーグルス交流練習レポート-2

引き続き、少年少女野球チーム・熊谷イーグルスとの交流練習の様子をご紹介いたします。

 

こんにちは★ブルサンのはるちゃんです♪おねえさんもおにいさんもおじさんも、野球の練習がんばってるよ。土の上はきもちいいね!

こんにちは★ブルサンのはるちゃんです♪おねえさんもおにいさんもおじさんも、野球の練習がんばってるよ。土の上はきもちいいね!

 

女子も男子も、下級生も上級生も、みんなで力を合わせるのが、熊谷イーグルスのチームプレー

女子も男子も、下級生も上級生も、みんなで力を合わせるのが、熊谷イーグルスのチームプレー

 

熊谷・市川・東京 まずは大きな合同ノックから!

熊谷・市川・東京 まずは大きな合同ノックから!

 

全身を大きく使って、思いっきり投げる!

全身を大きく使って、思いっきり投げる!

 

腰を落として、バウンドよく見て

腰を落として、バウンドよく見て

 

女子『追って―ッ!』 男性『あらま~』

女子『追って―ッ!』 男性『あらま~』

 

(市川1) 「こんな感じで見本どうでしょう?」 (東京15)「ヤバくないか?」

(市川1) 「こんな感じで見本どうでしょう?」 (東京15)「ヤバくないか?」

 

絶対こぼさないよ!!

絶対こぼさないよ!!

 

ベースカバーよろしく

ベースカバーよろしく

 

足の運び身のこなしも軽く

足の運び身のこなしも軽く

 

ボールよっつだ! 大事な場面をイメージして

ボールよっつだ! 大事な場面をイメージして

 

こんなふうに 大事な場面もリキまず楽しもうぜ

こんなふうに 大事な場面もリキまず楽しもうぜ

 

イーグルス対ブルーサンダース “交流” 戦開始

イーグルス対ブルーサンダース “交流” 戦開始

 

大人の間を駆け抜けて

大人の間を駆け抜けて

 

大きく振りかぶって快速球

大きく振りかぶって快速球

 

そして、フルスイングで打球をもっと遠くへ

そして、フルスイングで打球をもっと遠くへ

 

ゲームセットの後は、イーグルス監督より、振り返りのご挨拶です。

ゲームセットの後は、イーグルス監督より、振り返りのご挨拶です。

 

熊谷イーグルス 飛田(とびた)監督のご挨拶

素晴らしい、選手の皆さんの“ワンハンドの持ち替え”を見せてもらえました。野球にまだまだ慣れていないイーグルスの選手たちには、障害を持つ大人の選手たちが、野球を楽しんでいる姿を知ってもらいたいと思っていました。

 

グランドに、お互いの選手たちに、そして、この3チームをつなげてくれた、野球に感謝の挨拶です。ありがとうございました。

グランドに、お互いの選手たちに、そして、この3チームをつなげてくれた、野球に感謝の挨拶です。ありがとうございました。

 

久永さん、熊谷イーグルスの皆さん、そして千葉市川ドリームスターさん、貴重な交流練習の機会をありがとうございました。各チームにとって、2019シーズンが貴重なものとなるように、切磋琢磨して取り組んでいきましょう。

 

3月の練習報告はブルサンFacebookでどうぞ

 

熊谷イーグルス交流練習レポート-1

東京ブルーサンダースの2019年シーズンが、いよいよ始動しました! 今季は2年ぶりに、5月の全国大会への選抜出場権を頂けるなど、出場各大会に向けて、原点に立ち返って全力で取り組みます。そして、チームの活動が障害者スポーツの一層の普及啓発につながれば幸いに思います。皆さまからの、引き続きましてのご支援ご声援、よろしくお願いいたします。

 

2月17日がチームの始動日となりましたが、この日は、ブルーサンダースの取り組みにご賛同頂き、チームでの練習体験にお越し下さっている、埼玉県熊谷市の久永さんご一家の、お子さん達が所属されている少年野球チーム『熊谷イーグルス』の練習へ、千葉市川ドリームスターさんとご一緒に、熊谷市・荒川緑地グランドにご訪問し、交流練習を行いました。その模様を連載にてご紹介いたします。

 

「ゆうしょうするために、れんしゅうするよ! わたしは寒くないよ。おじさん達寒がってちゃだめだよ!」 昨シーズン、ブルサンに舞い降りた天使 はるひちゃんです。(宮本夕陽コーチの娘さん)

「ゆうしょうするために、れんしゅうするよ! わたしは寒くないよ。おじさん達寒がってちゃだめだよ!」 昨シーズン、ブルサンに舞い降りた天使 はるひちゃんです。(宮本夕陽コーチの娘さん)

 

こちらは、熊谷イーグルス卒団し、現在中学校の野球部で活躍する久永若葉さんと妹さんです。

こちらは、熊谷イーグルス卒団し、現在中学校の野球部で活躍する久永若葉さんと妹さんです。

 

市川ドリームスターも交えての円陣に、シーズンスタートの挨拶をする長田監督。好天ではあるが、河川敷の強い風が吹いている。

市川ドリームスターも交えての円陣に、シーズンスタートの挨拶をする長田監督。好天ではあるが、河川敷の強い風が吹いている。

 

監督挨拶を聞く 女性陣 円陣を彩る

監督挨拶を聞く 女性陣 円陣を彩る

 

熊谷イーグルス 宮崎代表からもご挨拶を頂きました。

熊谷イーグルス 宮崎代表からもご挨拶を頂きました。

 

ポニーテールをなびかせ、風に乗ってダッシュ

ポニーテールをなびかせ、風に乗ってダッシュ

 

ブルサンのおじさま選手 若葉選手から数歩出遅れていませんか?

おじさま選手は 若葉選手から数歩出遅れていませんか?

 

若葉選手の伸びる球を受けるのは・・・

若葉選手の伸びる球を受けるのは・・・

 

有望株の三浦 普段の練習ではあまり見られない、穏やかな表情だ

有望株の三浦 普段の練習ではあまり見られない、穏やかな表情だ

 

手入れの行き届いたグラブと、左右の若手選手と、中央の若い選手。野球シーズンが来た! 風は冷たいが・・・

手入れの行き届いたグラブと、左右の若手選手と、中央の若い選手。野球シーズンが来た! 風は冷たいが・・・

 

野球用具と澄み渡る河川敷グランド 挨拶の一礼の先に

野球用具と澄み渡る河川敷グランド 挨拶の一礼の先に

 

本日の主役 熊谷イーグルスが登場しました!

本日の主役 熊谷イーグルスが登場しました!

 

引き続き、交流練習の様子を、その2 として更新ご報告いたします。

 

ブルサンFacebookも始動しております。

2019  シーズンスローガン

東京ブルーサンダース 2019シーズン チームスローガンをご紹介いたします。

 

≪勝っておごらず 負けて腐らず≫

≪勝っておごらず 負けて腐らず≫

 

2019シーズン チームスローガン   『平常心と集中力で勝つ全員野球』

 

心の浮き沈みは誰でもあるが、どんな時も気持ちが上下しない平常心を保つ事を心掛ける。日頃の練習の中で、平常心を持って臨む集中力を養い、試合では全員野球で勝利を目指す。

 

「平常心 Have Bluethun’s Sense」

 

新シーズンも、ご声援よろしくお願いいたします。

 

ブルサンFacebookもよろしくお願いします。

チームスポンサー契約更新のお知らせ

来たる2019年シーズンも、東京ブルーサンダースをよろしくお願いいたします。

 

襟を正して、チームスポンサー契約更新に臨む、右から長田監督、財原主将、宮本。ただ、目の前にいくどんさんご提供の美味しいホルモンが並び、誘惑される!?

襟を正して、チームスポンサー契約更新に臨む、右から長田監督、財原主将、宮本。ただ、目の前にいくどんさんご提供の美味しいホルモンが並び、誘惑される!?

 

昨年12月の、2018シーズン納会開催に伴うチーム訪問を経て、新年1月11日、長田監督、財原主将、宮本選手及びマネージャーが 『元気屋いくどん・赤羽店』 をご訪問し、2019シーズンも引き続き、東京ブルーサンダースとのチームスポンサー契約を更新締結して頂けることになりましたことを、ご報告いたします。

 

『元気屋いくどん・赤羽店』 さんにおかれましては、店長以下職員の皆さん、お店地域を上げましての、東京ブルーサンダース・及び身体障害者野球活動への理解促進、そしてご支援を頂き、深く感謝申し上げます。

 

全力プレー、そして勝利への「肝」(ホルモン)

全力プレー、そして勝利への「肝」(ホルモン)

 

マーシー店長(左から2人目)以下ご支援ご声援感謝いたします。2019年は、数多く勝利をご報告します。

マーシー店長(左から2人目)以下、ご支援ご声援感謝いたします。2019年は、数多く勝利をご報告します。

 

数多くの方々からのご理解、ご支援によって身体障害者野球に取り組む東京ブルーサンダース。新シーズンからは、大会出場報告にとどまらず、そういった方々をご紹介させて頂くことも、このホームページで取り組んで参ります。

 

ブルサンFacebookでもご紹介しております。