お知らせ

関東甲信越大会は準優勝

8月28日日曜日 東京都足立区・平野運動場内野球場において『ゼット杯争奪・第22回関東甲信越身体障害者野球大会』が開催されました。

今大会はブルーサンダースの主管大会として開催。財原主将が関東甲信越連盟を代表して選手宣誓!

今大会はブルーサンダースの主管大会として開催。財原主将が関東甲信越連盟を代表して選手宣誓!

 

今大会は、我が東京ブルーサンダースによる主管開催大会として実施されました。大会会場としてのこの球場の確保から、大会開催に向けての取り組みに際し、様々な関係者の方々や団体の方々に、ご賛同やご支援を頂きました。そして、大会当日も、本当に早朝の時間からにも関わらず、ブルーサンダース選手・マネージャーの関係者の方々を中心に、沢山の方々から運営ボランティアとしてのご尽力を頂きました。まずは、それらの方々に対しまして、チーム一同、心より御礼申し上げます。大会を無事に開催することが出来ました。ありがとうございました。併せまして、ご来場頂き、ご支援ご声援頂いた方々に対しましても、感謝申し上げます。

濡れた緑の芝での調整

濡れた緑の芝での調整

例年の大会と比べて、開催が約1ヵ月早く、8月中の開催ということで猛暑の中での消耗戦も想定しておりましたが、当日は台風の接近もあってか気温も25度前後に落ち着き、午前中は小雨も降る冷たいコンディションとなりました。ライバル・群馬アトムの選手と顔を合わせた際も「暑いと思ったけど、結局いつもの関東大会の感じになりましたねえ」といった話をして笑っていました。ただし、ブルサンは想定していた通りの熱戦の展開に、初戦から挑むことになりました。

先制攻撃 先手必勝。

先制攻撃 先手必勝。

初戦の準決勝、相手は長野佐久レッドスターズ。あのドリームカップでの激戦から1ヶ月、相手も自信を持って向かってきましたので、こちらは受けて立つという展開になりました。初回、小峰の2ランホーマーから4点を先制しながらも、2回から万を持してか?レッドスターズのエース・南久保投手がマウンドへ。ブルサンも追加点を奪いながら、夏から球速を増した感のある速球に手を焼いた印象がありました。常にランナーを単打を連ねてためてくるレッドスターズの攻撃にも、ショート田中のバックホームからの挟殺プレイで凌ぐなど、チームの総合力が試される展開となりました。2点リードの最終回、2死満塁からの打球はセカンドゴロ、笠松が1塁へ送球・・・短い!?ファースト宮本が体を伸ばして、間一髪アウトでゲームセット。逃げ切ったブルサンですが、関東甲信越の戦いは、すべて気が抜けない熱戦になるということを、来季以降に向けて体感した試合でした。

決勝のマウンド 覇気あるピッチングが、味方の好守を呼ぶ。

決勝のマウンド 覇気あるピッチングが、味方の好守を呼ぶ。

好守に意気揚揚!それとも安堵の笑顔?讃える監督。

好守に意気揚揚!それとも安堵の笑顔?讃える監督。

その笠松、勝利の後に宮本などチームメイトに“お詫び”を繰り返しておりましたが・・・ライバル群馬アトムとの決勝戦の先発を任されると、見違えるように生き生きと投げ込みました。キャッチャーが構えるコース目がけて、思い切って投げ込むボールがうなる。3回までは、相手ランナーを得点圏に進めながら、自分自身で声を出してリズムを作り、三振を奪って抑えていきました。送球に苦慮した宮本も、笠松の投球のリズムに上手く乗って切れていく打球をさばくなど反応よく守りました。一方の打線は“神ってる”日暮が、まだまだ好調が続きタイムリー2本、長田監督や大森も打点を挙げ“ベテラン達”を中心に笠松を援護しましたが、ダメ押し点に及ばず、笠松のボールに対応してきた群馬打線の反撃に遭い、今年の決勝戦も、サヨナラでの敗戦となりました。敗戦の中でも、決勝戦先発の大役を担った笠松は、本当によく投げました。群馬アトムと渡り合える力投を演じてくれたと思います。

チームとしての手ごたえを得たと同時に、サヨナラで敗れた1点、1イニングの差は、どこから生まれてしまうのか?その答えを見つけ、追及して克服していくための鍛錬の時間が、来シーズンに向けて始まっています。

 

試合結果戦績  2016年8月28日

準決勝 ○  6-4 長野佐久レッドスターズ

決勝戦 ●  4-5x 群馬アトム

チームを引っ張る両選手。緊迫のガチンコ勝負の中で、共有できるものがある。

チームを引っ張る両選手。緊迫のガチンコ勝負の中で、共有できるものがある。

 

関東甲信越大会のお知らせとドリームカップ報告

長嶋氏のお言葉に込められた 『不屈の魂』 を抱いて戦う・・・

 

「がんばれ みんな」 長嶋茂雄氏からドリームカップ大会へ寄せられたメッセージと共に士気を高めるブルサンナイン

「がんばれ みんな」 長嶋茂雄氏からドリームカップ大会へ寄せられたメッセージと共に士気を高めるブルサンナイン

 

7月30日、31日に静岡県裾野市で開催された『第13回DREAM CUP 身体障害者野球大会』から、1ヵ月も期間を開けない日程ですぐ、今季は『ゼット杯争奪第22回関東甲信越身体障害者野球大会』が8月28日に開催されます。重要な夏の連戦の2戦目になります。

全日本選手権の出場権も懸かる今回の大会は、東京都足立区・平野運動場内野球場にて開催されます。東京開催・そして我が東京ブルーサンダースによる主管開催大会になります。前年度の大会決勝戦に敗れ、全日本選手権大会出場を逃した雪辱を期し、再び悲願の全国制覇へ挑戦するためのスタートとなる大会です。

 

日頃よりチームを支援して下さる皆さんのご理解・ご協力のもと、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちを持ち、今季の取り組みの成果を発揮すべく精一杯プレーします。そして、今季は東京都開催です。ご都合がおつきの方々におかれましては、是非会場へご来場ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

ゼット杯争奪第22回関東甲信越身体障害者野球大会 兼 第18回全日本身体障害者野球選手権大会地区代表決定戦

 

大会日程…8月28日(日)  ※予備日 9月3日(土)

大会会場…東京都足立区 平野運動場内野球場

         入場は無料です。自由に入退場出来ます。

 

チーム予定

8:30   開会式

10:50  トーナメントBブロック準決勝 対東京ジャイアンツ、長野佐久レッドスターズの勝者(A球場)

14:00  決勝戦 対トーナメントAブロック勝者(B球場)

      (Aブロック出場チーム 群馬アトム 千葉市川ドリームスター 埼玉ウィーズ)

16:00 閉会式

※試合開始時刻は、進行状況によって前後する場合があります。

※準決勝敗戦の場合は、14時からA球場での3位戦に出場となります。

 

会場へのアクセス

JR常磐線、地下鉄千代田・日比谷線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス線北千住駅下車

JR西口駅前都営バス①乗り場より、北47系統「竹ノ塚駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

東武伊勢崎線竹ノ塚駅下車 駅バス停⑥乗り場より、北47系統「北千住駅行き」に乗車 「平野町」バス停下車徒歩5分程度

バスは10~15分に1本程度走っています。

 

車利用の場合の周辺地図 (都内より国道4号線を北上する場合は右折不可となります。)

構内駐車場もありますが、大きくはありません。

(所在地:足立区平野2-12-1 TEL03-3883-8079)

 

下記の情報についても、ご参照ください。

平野運動場施設紹介HP

 

『第13回DREAM CUP 身体障害者野球大会』 出場報告

 

大会3連覇を目指して出場しましたが、決勝戦で名古屋ビクトリーに敗れ、準優勝となりました。大会での戦いぶりから、関東甲信越大会に向けての課題も見えましたが、新戦力の台頭、怪我や病気からの復活を経た中心選手の活躍など、次の戦いにつながる面も見られました。

 

≪7月30日 予選リーグ 東京ブルーサンダース11-0龍野和歌山連合≫

ドリームカップは例年、新シーズンにブルーサンダースで新たに身体障害者野球を志すプレイヤーが登場する舞台となります。今回も颯爽と新鋭・市川が登場。スタメンセカンドでデビュー! 初打席は低めのボールを巧打して打点を挙げ、勢いに乗って2打席目は2塁を狙って果敢にスライディング。ルーキーの体を張った活躍に、移動後の早朝ゲームで少し動きの重かった先輩選手も良い刺激を受け、センター財原主将が右中間への当りからダブルプレーを奪い、田中副将がコールドゲームを決めるサヨナラ3ラン、そして前回大会デビューの笠松が、すでに風格を見せながらノーヒットピッチ。投攻守噛み合っての勝利でした。

 

富士の青空とともに飛び出す「ブルー」サンダース

富士の青空とともに飛び出す「ブルー」サンダース

セカンドスタメン。走攻守満点デビューの市川

セカンドスタメン。走攻守満点デビューの市川

開幕戦ノーヒッターの笠松は、大会を通した活躍を予感させた

開幕戦ノーヒッターの笠松は、大会を通した活躍を予感させた

 

≪予選リーグ 東京ブルーサンダース8x-6長野佐久レッドスターズ 4回逆転サヨナラ≫

神戸全国大会に続くレッドスターズ戦となったが、相手南久保投手のキレのある速球を打ちあぐね、打線がストライクゾーンにも戸惑ってしまう。0-3で迎えた3回に日暮と小峰の2ランホーマー2本で逆転するが、再逆転を許して迎えた4回ウラ、2アウトからキャプテン財原が直球に負けずにレフトへ打ち返して1点差。そして、再び日暮の1発がセンターの彼方へ、逆転サヨナラホームランとなって飛んで行った。

 

日暮「狙い球は特にない。センター返しだけを意識して打った。」

 

その後の活躍も含め“神ってる”とチームにたたえられたが、このシンプルな意識が神秘的な好打を招いたのかも知れない。「関東予選でもう1戦!」と笑顔で握手してくれた佐久の選手達が、再び立ちはだかることも想定しなければならない。

追い詰められたブルサンを救う財原主将の一打はレフトへ!

追い詰められたブルサンを救う財原主将の一打はレフトへ!

 

財原、日暮、生還するふたりのヒーローを迎えるナイン

財原、日暮、生還するふたりのヒーローを迎えるナイン

 

≪7月31日 準決勝 東京ブルーサンダース11-1静岡ドリームス≫

笠松、田中、そして河井。ピッチャーを務める選手達が打って活躍。当然大森も長打で貢献し快勝。

ケガに遭った市川をカバー。攻守に活躍のハッスル河井!

ケガに遭った市川をカバー。攻守に活躍のハッスル河井!

好投が続く笠松。田中はホームランと好走塁で援護する

好投が続く笠松。田中はホームランと好走塁で援護する

 

≪決勝戦 東京ブルーサンダース0-12名古屋ビクトリー≫

 

初回、先頭日暮の3ベースを活かせずに流れを手放す。名古屋へのリベンジは選手権で果たすしかない。

決勝戦も打った日暮。3塁への激走に林コーチも笑顔で労う。

決勝戦も打った日暮。3塁への激走に林コーチも笑顔で労う。

 

このDREAM CUP大会は、主催の中部東海地区身体障害者野球連盟、静岡ドリームス以下、たくさんの運営スタッフの方々のご尽力で開催されています。そして、多くのご協賛団体の皆さんが、大会に出場している身体障害者野球チームを支援して下さっています。大会の運営に携わる皆さんに対して敬意を表し、深く感謝申し上げます。

 

関東甲信越大会も引き続き、ご支援ご声援お願いいたします。

関東甲信越大会も引き続き、ご支援ご声援お願いいたします。

 

ブルサンfacebookも、チームに関する情報満載でお届けしています。

ドリームカップに出場します!

大会3連覇へ 改めて仕切り直し To Challenge!

 

“ドリームピッチャー”高橋 出場チームの多い今大会は公式戦登板あるか?(写真は前回大会交流戦より)

“ドリームピッチャー” 高橋 出場チームの多い今大会は公式戦登板あるか?(写真は前回大会交流戦より)

 

静岡県裾野市で開催されるカップトーナメント『DREAM CUP 身体障害者野球大会』第13回大会となる今年は7月30日・31日に開催されます。我が東京ブルーサンダースは第1回大会から13年連続のフル出場を続けております。

 

中部東海地区連盟が主催する今大会は、関東地区を中心に甲信越地区、近畿地区そして「東北身体障害者野球チーム復興支援イベント」と銘打たれ、今大会は福島アクロスが出場します。今大会は全国大会常連の「京都ビアーフレンズ」の大会初出場、岐阜県に初めて結成された新規チーム・中部東海地区連盟加盟の「ぎふ清流野球クラブ」の出場により、出場総勢9チームによる大激戦が予想されます。昨年度の大会は天候不良もあって途中中止となりましたが、我がチームは、春のリベンジ、そしてチーム初のドリームカップ3連覇を改めて期しつつ、障害者野球に取り組むことが出来ることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯戦います。東京地区からも割と近い会場での大会ということで、ご来場ご声援を頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

第13回 DREAM CUP 身体障害者野球大会

大会期間…7月30日(土) 31日(日)

大会会場…静岡県 裾野市運動公園野球場(裾野球場) トヨタ東富士野球場

             入場は無料です。自由に入退場出来ます。

大会出場チーム

Aグループ 龍野アルカディア 長野佐久レッドスターズ 東京ブルーサンダース

Bグループ 福島アクロス 京都ビアーフレンズ 名古屋ビクトリー

Cグループ 福島アクロス ぎふ清流野球クラブ 静岡ドリームス

 

チーム予定

 

1日目 7月30日(土)

9:00  予選Aグループリーグ戦 対龍野アルカディア(裾野球場)

11:00 開会式(裾野球場)

13:05 予選Aグループリーグ戦 対長野佐久レッドスターズ(裾野球場)

 

2日目 7月31日(日)

8:00   準決勝 (トヨタ球場)

13:20 決勝戦 (裾野球場)

15:00 閉会式   (裾野球場)

 

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止、どちらか1日のみ開催となる場合があります。

  予選グループ敗退の場合は、2日目は交流戦に出場となります。

 

会場へのアクセス(裾野市運動公園野球場)

JR御殿場線、岩波駅下車、駅前よりタクシー利用約10分程度。

東海道線国府津駅、小田急線新松田駅から御殿場線に乗り換えになります。新幹線利用の場合は三島駅から東海道線に乗り換えて1駅先の沼津、沼津から御殿場線に乗り換えです。

車の場合、東名高速・裾野インター下車、10分程度。裾野市運動公園には広大な駐車場があります。

(所在地:静岡県裾野市今里1616-1 TEL: 055-997-7277 運動公園事務局)

トヨタ東富士野球場は裾野球場から車で3分程度。行き方については現地大会運営スタッフにお問い合わせください。

 

下記の情報についても、ご参照ください。

静岡ドリームス・DREAM CUPのページ   DREAM CUPのFacebook

裾野球場・トヨタ球場地図(縮尺1/6250図で両球場の位置関係が確認できます。)

裾野球場写真  裾野市運動公園紹介ページ

 

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、8月初旬にお知らせする予定です。

 

ブルサンfacebookも併せてご覧ください。

春の躍動から夏に勝負の連戦へ ~全国大会報告~

今月7月末に開催のドリームカップ、そして今シーズンは例年より早めの8月開催となる関東甲信越大会と、勝負の夏に向けての練習が続く我が東京ブルーサンダース。先だって5月21日・22日に神戸市に於いて開催されました『第24回 全国身体障害者野球大会』では、準決勝進出を果たすことが出来ましたが、目標とする全国制覇には及ばず、収穫と課題を得てのその後の取り組みにつなげています。写真でのご紹介を中心に、春の全国大会のご報告をいたします。

 

≪5月21日 1回戦 東京ブルーサンダース7-0新潟シリアス≫

笠松大聖 全国のマウンドに登板し躍動。先輩たちが支えて攻守かみ合い進撃。

 

全国のマウンドに初めて立つ笠松。立ち上がり満塁のピンチを、ショート田中等の先輩たちと、共に背負って乗り切る!!

全国のマウンドに初めて立つ笠松。立ち上がり満塁のピンチを、ショート田中等の先輩たちと、共に背負って乗り切る!!

そして初回ウラ、チームに流れを呼び込む『大先輩』大森の一撃。

そして初回ウラ、チームに流れを呼び込む『大先輩』大森の一撃。

今大会は初日のみ出場の大森。攻守にチームを叱咤し、鼓舞。翌日の勢いにつなげる。

今大会は初日のみ出場の大森。攻守にチームを叱咤し、鼓舞。翌日の勢いにつなげる。

そして、捕手大森のリードと、先発笠松等チームメートの信頼に無失点で応えた田中。完封で初戦を突破する。

そして、捕手大森のリードと、先発笠松等チームメートの信頼に無失点で応えた田中。完封で初戦を突破する。

 

≪5月22日 準々決勝 東京ブルーサンダース8-1長野佐久レッドスターズ≫

初戦の勝利で波に乗る佐久に対し、ブルサンも前日からの勢いに乗って応戦。3点先制後は進塁打、好走塁、粘った末の巧打など優位に試合を進め、代打河井のヒットでムードは最高潮へ。

 

準備万端! 一点集中! 気合MAX!! スタメンの藤沢はネクストで虎視眈々と狙う。

準備万端! 一点集中! 気合MAX!! スタメンの藤沢はネクストで虎視眈々と狙う。

スタジアムのマウンドでも躍動するピッチングで、初戦からの勢いを持ち込んだ笠松。ナイスピッチ!!

スタジアムのマウンドでも躍動するピッチングで、初戦からの勢いを持ち込んだ笠松。ナイスピッチ!!

5-0 リードの4回 石垣はファールや選球で粘りに粘ってレフト線へ運び3塁へ。6点目を挙げるが、進塁打・タイムリー・好走塁で1点ずつ積み重ねる。

5-0 リードの4回 石垣はファールや選球で粘りに粘ってレフト線へ運び3塁へ。6点目を挙げるがフォアザチームで1点ずつ積み重ねる。

レッドスターズに立ちはだかる河井。この対戦では代打で登場しセンター返しの一撃!ブルサンのムードは最高潮に達する。

レッドスターズに立ちはだかる河井。この対戦では代打で登場しセンター返しの一撃!ブルサンのムードは最高潮に達する。

 

≪準決勝 東京ブルーサンダース4-8北九州フューチャーズ≫

『2番ショート』笠松、3回に右中間への2ランを放つも、立ち上がりの4点ビハインドに最後まで及ばず。連打で攻め続けるも、先の塁をどう狙って奪うか?という課題を共有し、今後の公式戦に臨む。

 

日本代表ナショナルチームでのチームメートも多いフューチャーズに今年も全力勝負の田中。

日本代表ナショナルチームでのチームメートも多いフューチャーズに今年も全力勝負の田中。

長田監督(30)と財原主将で決戦のフィールドを固める。

長田監督(30)と財原主将で決戦のフィールドを固める。

反撃の一撃(宮本)長打警戒の相手リード。

反撃の一撃(宮本)長打警戒の相手リード。

ピッチングだけではなく、攻守の士気を高めるなどの活躍も光った副将田中。前主将の石垣(6)もサポート。

ピッチングだけではなく、攻守の士気を高めるなどの活躍も光った副将田中。前主将の石垣(6)もサポート。

試合前・試合中に的確なコーチングと叱咤激励でチームを鼓舞した日暮。最終回は自ら代打でヒット!!今大会のブルサンを支え、牽引した。

試合前・試合中に的確なコーチングと叱咤激励でチームを鼓舞した日暮。最終回は自ら代打でヒット!!今大会のブルサンを支え、牽引した。

 

この大会でのブルーサンダースに、遠方よりご支援ご声援頂いた方々に対して、厚く御礼申し上げます。そして、この大会開催にご尽力頂いた、日本身体障害者野球連盟、及び大会主催団体、後援・協賛・支援団体、そして各関係者の方々に、深く敬意を表させて頂きます。

 

感謝の気持ちをとともに、ブルーサンダースは今後の大会も全力で挑み、この大会で果たせなかった全国制覇に、引き続き挑戦します。よろしくお願いいたします。

 

夏からの戦いに向けて、走り出せブルーサンダース!

夏からの戦いに向けて、走り出せブルーサンダース!

いよいよ春の全国大会です。

今年こそ、あの緑のフィールドへ…

今年こそ、このフィールドで笑おう。全力プレイで互いに笑おう。そして、勝って笑おう!

今年こそ、このフィールドで笑おう。全力プレイで互いに笑おう。そして、勝って笑おう!

我が東京ブルーサンダースは、5月21日・22日に神戸市において開催される『第24回・全国身体障害者野球大会』に出場いたします。身体障害者野球における、最も大きな規模を誇るこの大会の出場は、1997年度の第5回大会から数えて「20年連続20回目」となります。

 

『節目』の20回目の出場となる今大会、悲願の初優勝・全国制覇を目指します。初戦から全国の強豪チームとの激戦が予想されますが、身体障害者野球に取り組み、活動できるることへの感謝の気持ちをしっかり持って、精一杯プレーしてまいります。

 

東京からですと遠方になりますが、会場へご来場いただき、ご声援いただくと共に、身体障害者野球というものを実際にご覧になり、知って理解していただける機会となれば幸いです。この2日間東京周辺でお過ごしの皆さんも、神戸方面へ少し気持ちを向けてお過ごしになり、ご声援いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

 

以下詳細です。

 

第24回 全国身体障害者野球大会

大会期間…5月21日(土) 22日(日)

大会会場…兵庫県 神戸総合運動公園 (ほっともっとフィールド神戸及びサブ球場)

        入場は無料です。自由に入退場できます。

 

チーム予定

1日目   5月21日(土)

9:00  開会式(ほっともっとフィールド)

10:30    1回戦 対新潟シリアス(サブ球場)

 

2日目  5月22日(日)

9:00    準々決勝 対長野佐久レッドスターズと福島アクロスの勝者(ほっともっとフィールド)

13:00  準決勝 対トーナメント勝者(ほっともっとフィールド)

15:10  決勝戦 対トーナメント勝者(ほっともっとフィールド)

17:00  閉会式(ほっともっとフィールド)

※ 試合開始時間は、進行状況によって前後する場合があります。

  雨天の場合は中止、どちらか1日のみ開催となる場合があります。

    1回戦に敗れた場合は、同日13:50より、会場近隣の若葉学園グランドで開催の交流戦出場となります。

 

会場へのアクセス

神戸市営地下鉄、総合運動公園駅下車、駅前改札右側にほっともっとフィールドがあります。球場右方向へお進みいただくと球場事務所があり、そちらの入場口から入退場が出来ます。1塁側スタンド入口からも入退場出来ます。球場事務所を越えてさらに先に進むと歩道橋があり、その渡った先の方向にサブ球場があります。駅からは徒歩15分ほどです。(駅から改札左方向へ進むと直接サブ球場へ行けます。)

球場には駐車場もありますので、車での来場も可能です。

 

下記の詳しい情報についてもご参照ください。

会場アクセスについて

ほっともっとフィールド    サブ球場

日本身体障害者野球連盟 春の選抜全国大会のページ 

 

なお、今大会でのチームの戦いぶりや結果についてのご報告は、6月上旬にお知らせする予定です。